巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume4

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.5

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 
            (四) 海賊の子孫

  「旦那方は全く命拾いを成さったねえ。」
とは此の夜、食後に宿屋の主人が両青年に対しての言葉で有った。
 梨「イヤ、我々も初めは其れ程とは思わなかったが、四辺(あたり)は次第に暗くなる。向こうの方からは電(いなづま)の様に浪の声が聞こえて来る。急に恐ろしく為った。」

 竹「幸い背後の方に帆船が見えたから、助けて呉れと叫んだが、後で聞けば、其の舟は、吾々を助ける為に漕ぎ出したと云うので、益々驚いたよ。」

 宿「寒村(サムソン)島は、ねえ旦那、人の住む五ケ島の中、一番沖へ出て居ますので、若し網守子が見付けなかったら、誰も知らぬ所でした。ホンに良い人に見付かった。網守子は十五歳だけれど暇さえ有れば舟を漕ぎ、群島の間を遊び回って居ますから、海の地理を、自分の座敷ほどに良く知っていますよ。其れに「子供」は二人と居ない確かな水夫です。明日は必ず礼に行ってお出で成さい。」

 梨「吾々も勿論其の積りだが、全体寒村(さむら)家は何をして居る。」
 村「今は寂(さび)れて、四季色々な花を作り、都へ切り花を送ります。」
 竹「では吾々が都の料理屋などで、食卓の上に見る花の中には、何(どう)かすると、網守子の摘んだのが有る訳だな。」

 宿「爾(そう)です。料理屋や貴族の家などを目当てですから。」
 梨「あの島に古蹟でも有るかネ。」
 宿「古蹟は五ケ島の何処にでも有りますが、あの島には昔の龍寧州(リオネズ)の王様家の墓と云うのが沢山有ります。其れに彼(あ)の家自身が一個の古跡ですよ。海賊の親分ですから。」

 海賊の親分と聞いて両人は一様に耳を欹(そばだ)てた。
 竹「海賊の親分?」
 宿「ナニ、昔の事ですよ。此の群島に住む者は大抵海賊で、私の先祖なども矢張り其れです。中にも寒村家の人は、代々勇気が有った為、親分に立てられました。」

 梨「イヤ、是は面白い、網守子が海賊の子孫か。」
 宿「海賊が止んで百五十年此の方は、此の島が密輸入の本場で、随分悪どい儲けが有りました。其れも政府の取り締まりで、出来ぬ事と為り、島は段々寂れて、住民も大抵は他国へ移住しましたが、それでも私の子供の頃までは、此の近海に難破船が多くて、海の底から拾い上げる宝が、総て当人の物と為り、各国の金貨などが、島の村の家にも在ったものです。其れが今は島に灯台が出来たり、航海術が進んだり、イヤハヤ段々難破船が無くなって、住民等は見る影もなく零落(おちぶ)れました。」

 何にしても都とは全く違った天地であるかの様に、見聞く事柄が、悉(ことごと)く古くて而も新しい故、翌日は両人とも、感謝と好奇心とに駆られ、午後に及んで寒村島に漕ぎ付けた。但し此の時は、漕ぎ自慢の路田梨英(みちだりえい)も、船頭を雇うことに同意した。


次(五)へ

a:149 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花