巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume41

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.11

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十一) オオ此の画は!

 「路田梨英!」
と網守子の口を衝き出た声は、高くは無かったけれど、梨英は顔を挙げ、
 「ヤ、ヤ、網守子」
と言い、跳ね起きる様に椅子を離れ、全く何も彼も忘れた様に、両手を広げて網守子の方へ一歩進んだが、忽ち呆れた様に、又度胸を奪われた人の様に、背後様(うしろざま)に踉(よろ)めき、唯眼ばかり丸く開いて、網守子の顔に引き付けられたまま、椅子の上に尻餅をつき、開いた口に譫言(うわごと)の様に、

 「網守子、網守子、網守子」
と三度び呼ぶ声が、一度一度に、次第に弱くなり、後は喘(あえ)ぐ様に息を吐くだけである。
 いとしさと憐れさに満ちて居た網守子も、此の様を見て、何だか恐ろしい様に感じ、部屋を逃げ出そうとしたが、直ちに気を取り直した。更に見ると寰(やつ)れた顔、変わり果てた姿が痛々しく目に映り、深い同情が胸に湧き、我知らず、

 「梨英、梨英、網守子が逢いに来ました。」
と叫んだ。梨英は未だ椅子を離れない。
 「オオ網守子さん、貴女は天から降りましたか。何して私の居る所が分かりました。」
 網守子「捨部竹里に捜して貰いました。竹里は色々尋ねて、偶然に、貴方が此の家へ入るのを見受けた人に、出合った相です。貴方は其の後、何うしました。今何うして居るのです。」

 梨英は、少し声が落ち着いたか、冷ややかな声で、
 「何うして居る?ハッハッハッ」
と笑い、
 「問わなくても、此の立派な画室を見れば分かりましょう。贅沢な部屋、贅沢な家具、立派では有りませんか。新聞紙を見ても、雑誌を見ても、大画家として路田梨英の名が雷鳴の如く轟いて居るのでしょう。」
と自分の身を嘲(あざけ)って止まない。

 何と言う悲惨であろう。
 網守子は、思わずも、
 「貴方は変わりましたねえ。」
と、声を洩らしたが、直ちに気が附き、引き立てる言葉を以て、励まして遣らなければ成らないと思い、
 「貴方の書いた絵を見せなさい。」
と云い、部屋の中を見廻した。

 網守子は、パリでもウィーンでもローマでもフロレンスでも、多くの画室を見たが、画室には幾枚かの画が有るに決まって居る。此の画室には其れが無い。今書き掛けたのは、未だ画の形が現れては居ない。壁に懸かった一枚は裏向きに成って居る。ツカツカと其の方に歩み、裏向きを引き起こして見て、

 「オオ是は」
と言う声も曇った。全く是は自分の絵姿である。五年前に分かれる前日、自分を王様の姫君に見立てた理想画であると言い、自分を岩の上に立たせて書き上げた其の絵である。
 「オオ貴方は私を忘れずに居て下さった。」

 声と共に梨英の椅子に走り寄り、彼の身に縋(すが)り付いた。
 全く網守子は泣いている。
 顔を梨英の身に埋めて離れない。


次(四十二)へ

a:129 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花