巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume42

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十二) 下へ下へと

 実に網守子は島の娘である。虚飾の多い都の作法に慣れたとは言う者の、路田梨英に対しては、何の隔ても飾りも無い、五年前の様に帰った。
 梨英は網守子を押し退けて、
 「今の私は世を欺く詐欺漢です。貴女から此の様な同情を受ける直値(ねうち)が無い。」
 網守子は又絵姿の前に行き、

 「貴方は若し私が丁年に達する頃、此の絵の通りの顔に成らなかったら、梨英は画家と言われる資格が無いのだと仰有(おっしゃ)った。私は今少しで、満二十一歳の丁年に達しますが、貴方は本当の画家と言う者です。此の絵の顔は、彼(あ)の時には、私に似て無いと思ったけれど、今の私に生き写しです。貴方は生まれ付いた天才です。絵と私とを比べて御覧なさい。」

 梨英は初めて網守子の姿を熟々(つくづく)見、非常に嬉しそうに立ち上がろうとしたが、又思い直したか腰を卸(おろ)した。
 「貴女は何して此の様な立派な姿に成りました。貴女は五年前の島の娘網守子では無い。見た所、立派な金持ちのお嬢さんだ。今の私とは身分が違う。位置が違う。お帰りなさい。此の部屋へ来ては身が汚れる。お帰り成さい。今の私は天才では無い。地の底の土龍(もぐら)です。鼠の巣に棲む土龍です。」

 網守子は又梨英の傍に来て、真に妹が兄に対する様に、梨英の肩に手を置き、
 「ヤッと貴方を見出したからは、二度と貴方に分かれませんよ。貴方は五年前に分かれた時、再び島へ来るかと思えば、其れ切り今まで隠れて了(しま)って、もう私が隠れさせませんよ。貴方は彼(あ)の時、何と仰有った。大発展大発展と言ったでは有りませんか。私は貴方の言葉を守り、彼(あ)の時教えられた通りに勉めて居ますのに、貴方は何故勇気を出しません。」

 梨英は矢張り自分を嘲(あざ)ける様な調子で、
 「上にも限りが無く、下にも限りが無い。私は下へ下へと進みました。其れは隠しても、此の部屋で分かって居ます。大発展で無く大失敗です。」

 貴方は独りで居るから其の様に気が沈みます。倶楽部も辞し、交際もしない様に成ったと、捨部竹里が言いました。元の通り交際なさい。今夜は必ず私の部屋へお出でなさい。私が彼(あ)の後、何れほど勉強したかを、見せて上げます。音楽も聞かせます。自分の書いた絵も、貴方に見せて、直して貰います。若し貴方が来て下さらなければ、私も失望して下へ下へ進みますわ。私は此の都に只(たっ)た一人で、貴方が来て呉れなければ心細い。来て下さいよ。」

 此の打ち解けた言葉には、梨英も打ち解け無いことは出来ない。彼の顔は幾分に和らいだけれど、
 「私の今の身は、交際など出来ません。幾等貴女に励まされても、もう上へ登ることの出来ない事情が有りますから。
 帰って下さい。路田梨英を忘れて下さい。」


次(四十三)へ

a:112 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花