巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume43

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.13

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十三)此姿でーーー此姿で

 「私は帰りませんよ。貴方が幾等帰れと云っても。」
と網守子は梨英の肩を揺すぶる様にした。
 梨英は何の様な心持ちであろう。両手を組んで背を椅子に凭(もた)せ、顔は天井に向けて両目を閉じたまま、何事をも言わないのは、心の底に湧き起こる様々の感情を、自ら押し伏せようと勉めているのではないだろうか。頓(やが)てパッと眼(まなこ)を開き、
 「アア此の身には、不運が附き纏(まと)って居るから駄目だ。何としても駄目だ。」
と独り言の様に言った。
 網「其れ御覧なさい、貴方は、独り此の様な陰気な部屋に居ては、其の様な陰気な事ばかり考えて、其れで下へ下へと向くのですわ。今夜必ず私の部屋へお出でなさい。」

 梨「其の様な事を言わないで帰って下さい。」
 網「イイエ、貴方が行こうと約束してくださる迄は、何うあっても帰りません。」
 梨「其の様に、聞き分けが無くては私が困ります。帰って下さい。」

 網「貴方こそ聞き分けが無いのですわ。私は貴方に褒めて頂き度いばかりに、五年の間、随分色々の事を稽古しました。そうして漸く廻り合えば、帰れ帰れ、俺の事は忘れよと。
 其の様な事は、私には出来ませんよ。貴方が行くと言わなければ、何時までもここに居ます。」

 凍った様に冷たく結ばれて居る梨英の心も、此の真情には解けない訳には行かない。彼は深い嘆息と共に、
 「アア仕方が無い。貴方には勝てない。」
 網「では今夜来て下さるか。」
 梨「行く外は有りません。」

 網守子は嬉しそうに、自分の住家の所番地を記して与え、
 「私は大層な大金持ちに成りましたよ。昔の網守子の様に、島の娘では無く、巴里や羅馬(ローマ)や、其の外広く大陸を廻って来ました。来て下されば沢山お話しが有りますよ。」
と言い、気も軽るそうに立ち去った。

 けれど其の実、それほど気が軽くは無かった。梨英の零落の非常に甚だしいのを知って、心が沈むばかりであった。
 後に梨英はやや久しく、身動きもせずに考へ込んで居たが、つと立って絵姿の前に行き、
 「網守子、網守子」
と呼び、再び独り語を繰り返し、

 「何して彼(あ)の様に変わっただろう。イヤ何しても変わる筈の女であった。あの儘(まま)あの島で朽ち果てることの出来る気質では無かった。けれど心は昔の通り親切で、少しも変って居ない。其れに引き替え此の梨英は、其の親切さえ受ける事の出来ない様な身の上とは成った。作品を売るばかりか、芸術其の者を売り、自分の名を売り、人格までも売って了(しま)った。
 今夜行くと云った所で、此の姿でーーー、此の姿でーーーー。」
と自分の身姿(みなり)を見廻した。


次(四十四)へ

a:118 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花