巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume46

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十六) 容赦の無い批評

 小笛の兄、柳本阿一の作った戯曲は、全く彼の血と涙との塊である。二年の間、一念を之に凝らしたのである。
 江南「先ず荒筋を私へお聞かせ成さい。」
 阿一は別に荒筋だけを、一目に分かる様に摘要して、清書してある。其れを江南に渡した。江南は之を見終わり、可(よい)とも否(いな)とも云わず、唯重々しい顔をして、

 「戯曲(ドラマ)の本領は、無論台詞(せりふ)に在ります。是だけでは分かりません。台詞を読んでお聞かせなさい。」
 阿「私は読んでお聞かせするのは下手ですけれど、妹は旨(うま)いです。」
 江南「イヤ、読み方の巧拙は、素人の聞き手に向かって言うことです。私の様な批評家には、如何に読み方が巧くとも拙(まず)くとも同じ事です。」
 阿一は成るほどと感心して自ら読み始めた。

 実に傑作であると江南は思った。けれど其の様な色は、毛ほども見せずに聞き終わり、
 「アア」
と云ったきり後を言わない。阿一は心配そうに、
 「何うでしょう。」
 江南は同情に耐えない様な顔をして、
 「柳本さん、私は容赦なく本当の事を言いますよ。」

 阿「ハイ、何うか。」
 江南「容赦の無い本当の批評が、実は貴方へ親切だろうと思います。」
 阿「そうです。」
 江南「実を言うと、是では何処の興行人でも、一顧を与えて呉れません。所々に天才の輝きが見えるけれど、田舎流の天才で、今の都の見物には笑われます。貴方は未だ未だ数回の失望を嘗(な)めて、大いに修行しなければ成りません。但し作の総体は、満更捨てた物でも無いですから、之を物にするには、熟練した手で全部書き直さなくては。」

 阿一は戦場で負傷した時と雖も、是ほどの苦痛は感じなかった。彼の顔色は土の様に青くなった。彼は何の言葉も出ない。
 江南は嘆息して、
 「アア私は今日ここへ来なければ好かった。折角貴方へ喜びを与える積もりで、却って失望を与えました。」
と云っただけで、是も無言に陥って了(しま)った。やや久しくして、江南は何か思い付いた様に顔を上げ、

 「オオこうしましょう。私が自ら興行人と言う積りで、此の戯曲(ドラマ)全体をソックリ此のまま買い受けましょう。そうして私の慣れた手で、全部を書き直しましょう。」
 阿一は初めて顔を上げた。けれど未だ言葉は出ない。
 江南「そうすれば、貴方も今まで苦しんだ甲斐が有りましょう。私が書き直せバ、貴方の天才を活かしつつ、全く見違える様な者になりますよ。」

 阿一は未だ返事をしない。
 江南「其の代わり、即金で貴方に百円あげます。即金で百円を、イヤ処女作で百円と言う報酬は、殆ど例が無いかも知れないが、私は唯貴方の天才を、幾分でも活かし度い一心です。但し私の自作と云わなければ、興行主が興行をしないかも知れないので、最初は私の自作として、舞台の上の結果を試みるのです。」


次(四十七)へ

a:120 t:1 y:0
     

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花