巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume47

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十七) 驚く可き親切

 有難いであろうか、有難く無いであろうか、江南の申し出は、何だか深い親切の様にも聞こえる。けれど、失望した柳本阿一の心の痛みは、此の言葉では癒えない。彼はまだ返事をしない。江南は益々雄弁である。

 「私が全部を書き直して、舞台に上せて、若し世間の物笑いとなれば、其れは私が笑われるので、貴方には責任は無い。其れとも多少の喝采を博し、私へ名誉が帰する場合には、其の時は私が実は此の戯曲(ドラマ)は、柳本阿一と言う廃兵の処女作である事を書いて、世間へ発表するのです。

 如何なる魚も掛かり相な香ばしい餌であるけれども、阿一は返事をしない。彼は、この様な興行の後の名誉を得たいことよりは、自分が二年も掛かって一心を凝らした作が、全部書き直さなければならないほどの、拙作であるのが悔しい。此の悔しさは、彼の今までの自信を根本から微塵にする様な者で、如何なる言葉を以ても、慰める道はない。

 江南は更に続けた。
 「自分の書いたのが、先輩に改作されるのは何よりの修行です。其れが舞台の上に出れば、其の時貴方は、成るほどと合点が行き、実際の秘訣が分かって、初めて天才が、実地的な進歩を見るのです。取り分けて戯曲の作者は、最初の評判が肝心です。最初の試みに不評判を招いては、其の後、如何に傑作を出しても、誰も顧みては呉れないのです。ですからそう成さい。最初の一回は先輩に書き直して貰って、先輩の名で当否を実験する、是が全く万全の道ですよ。其の上に即金で百円です。」

 阿一は初めて答えた。
 「篤(とく)と考えた上で、追ってお返事いたしましょう。」
と言った切り、他の言葉を発しない。江南は是だけ言って置けば、必ず次第に餌が効(き)いて来ると見て取った様に、更に色々と同情の言葉を残して退いた。そうして次の部屋で、結果如何にと心配して控えて居た小笛に向かい、事の大要を繰り返して、特に即金百円と言うことを、印刷物ならば二号活字で言い、分かれを告げて去った。

 是より数日の後であるが、次号の「新芸術」には主筆欄の末へ、下の様な予告めいた文章が出た。
 「余は夙に(つと)に劇を好むこと甚だしと雖(いえど)も、近頃の劇壇に、出色の戯曲が無いのを遺憾に思い、度々自ら戯曲を創作したが、聊(いささ)か思う事があって、曾(かつ)て之を公にしなかった。単に友人間の鑑賞に供していたが、今や友人等の勧告、殆ど辞するに言葉が無いほど痛切であるので、近日、若し本紙に余白が有れば之を発表し、更に進んでは実際の舞台にも上そうと思っている云々。」

 小笛は此の予告を見て、異様に感じた。


次(四十八)へ

a:112 t:1 y:0
   

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花