巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume48

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.18

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十八) 燈火に引かるる夏虫

 話は路田梨英の事に返る。それはそうとして、網守子が立ち去った後の梨英は、実に気の毒な様子であった。彼は仕方なく、今夜網守子の宿に行くと約束はしたけれど、自分の身姿(みなり)を見廻しては、何うして此の姿で行かれようと、単に心が委縮する。

 けれど彼は、此の身姿(みなり)より外に、身姿は無い。既に今日網守子に逢ったのも、此の身姿である。今更身姿など心配することは無いと、自分で思い直しても、直に又心が挫ける。寧(いっ)そ手紙を出して、行くことを断ろうかと、彼は手紙を書き始めた。しかし又躊躇した。アノ様に約束したものを断ることは、殆ど網守子を欺くにも当たる。

 のみならず彼は、網守子が懐かしい。彼の身には、数年の間、誰一人同情を表して呉れる人が無かった。其の間にも、網守子の事だけは忘れず、彼女が五年前に此の身へ言った言葉や、此の身を信じて頼より縋(すが)った顔や姿が、此の身に取って、唯一つの、何となくなつかしい思い出と為り、今までの暗黒な逆境の中に、其の思い出だけが、幾分か此の身を慰めて居た。

 其の網守子(あもりこ)が、今は全く見違える様に成長し、昔の通りに、イヤ昔よりも親切に、此の身を励まし、深い深い同情の言葉を吐いて呉れる。何うして行かずに居られよう。
 彼は全く燈火に引かれる、夏虫の思いである。書き掛けた手紙に対し又考えたが、急に思い出したのは、今日が即ち蛭田江南から、千円(現在の約百万円)の画料を与えられる筈の日である。千円の金が有れば、にわか拵(こしら)えにもせよ、何の様な身姿(みなり)も出来る。

 彼は手紙を破り捨て、此の数年来に全く例の無い、喜び勇む様な心を以て、家を出て江南の画室に馳せ着けたが、生憎に江南は留守である。けれど先刻出る時に、梨英が来たなら待たせて置け、との言葉を残してあった。

 真に一刻千秋の想いと言うのは、梨英が江南の帰るのを待つ此の時の心であろう。彼は心を燥立(いらだ)てて、江南の画室の中に立ちながら待ったが、最早や其の金を受け取っても、身姿(みなり)を作る暇の無い日暮れ後に及んで、江南は帰って来た。

 「蛭田君、僕を此の様に待たせて君は済むと思うか。」
と叱り付けるのが梨英の挨拶であった。江南は詫び入る様に千円の小切手を渡し、
 「実は絵を売るのを止めにしたよ。けれど約束だから立て替えて金だけ渡して置く。余り彼(あ)の絵が傑作だから、次の王国美術院の展覧会に出そうと思って。」

 梨英は腹立たしそうに、
 「展覧会へ、して又君が名を揚(かか)げるのか。」
 江南「其れとも展覧会までに、今一枚書いて呉れるなら。」
 梨英「イヤ、僕はもう書かないよ。」
と云ったまま。小切手を持って走り出た。


次(四十九)へ

a:121 t:1 y:0
   

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花