巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume49

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (四十九) 美しい贈り物

 網守子は、路田梨英の窶(やつ)れ果てた姿を見て帰り、何うしても彼を、昔の状態に帰らせなければ成らないと思い定めた。とは言え、彼の零落が、並大抵のもので無い事を思うと、何と励まして何の様にすれば好いか、殆ど思案も浮かばない。独り部屋に入り、茫然として鬱(ふさ)ぎ込んだ。

 今日は何故か、午後に来る約束の、柳本小笛嬢も来なかった。
 この様な所へ、いそいそと入って来たのは、侶伴婦人初鳥添子である。
 例の様に芝居気沢山な身振りで、網守子に身を寄せて座し、
 「嬢様、貴女は何と言う仕合せなお方でしょう。御覧遊ばせ、此の本は、蛭田江南が特別に製本して、先刻貴女へ差し上げて呉れと言って、置いて行ったのですよ。」
と言って、美しい二冊の小冊子を差し出した。網守子は殆ど見向きもしない。

 添「此の本は、江南詩集と言うのです。実は一冊でありますけれど、特別に貴女へ差し上げる為に、二冊に分けて製本し、上篇は女色、下篇は男色の表紙を附け、先ア御覧遊ばせよ、美術的な装丁では有りませんか。ここにはこれ、彼の肉筆で、
 「謹んで寒村網守子嬢に呈す 著者蛭田江南より、親しき交わりの、弥(いや)が上にも嬉しい実を結ばんことを願いて」
と書いて有ります。

 蛭田さんから此の様な贈り物を受ければ、藤子さんや其の他世間の令嬢ならば、肌身を放さないほど尊重しますわ。浮世を忘れた私でさえ、羨ましいと思います。オホホホ。」
と独り語り、独り嬉しそうに笑って居る。
 網守子は容赦無く、
 「今夜は大事な人が来るのですから、貴女は此の部屋へ来ない様にして下さい。」

 添「大事な人と言って、未婚の男子では無いでしょうね。若し未婚の男子ならば、私が傍に居なければなりません。其の為の侶伴ですもの。」
 網「未婚の男子でも構いません。」
 添子は呆れた身振りで、
 「私が、若しお多弁(しゃべり)なら、貴女は世間の人から、何の様な噂を受けるかも知れません・・・・。」
 網「構いませんよ。」

 此の様な時に、諄(くど)く言っては、却って目的を仕損じると思い、
 添「ではお呼びなさる時まで退きますが、其れでも此の本を御覧遊ばせよ。其れは其れは、此の詩集にある詩は、本当の天才で、一度紐解く人は、誰だって読み終わるまで、巻を閉じることが出来ない程です。ここへこうして置きますから。」
と炉の上の棚に、江南の自筆の文句のある表紙裏を広げ、一目で気が付く様にして置いて、立ち去った。

 間も無く部屋の戸を軽く打つのは、さては路田梨英が来たかと、網守子は飛び立って出迎えたが、梨英では無く、柳本小笛嬢である。勿論梨英の来るには猶(ま)だ少し時が早い。


次(五十)へ

a:124 t:1 y:0
  

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花