巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume5

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五) 岩の上に立つ少女

 両青年の宿って居るのは聖母島と云い、群島中の親島である。ここには島の政庁、裁判所、学校なども有り、一軒の宿屋の外に多少の商店もある。他の四島の住民は総てこの島を隣島と称する。ここを漕ぎ出して寒村(サムソン)島は直ぐに目の前に見えるけれど、三哩(マイル)(5.5km)以上離れて居る。丁度寒村島は此の島へ背を向けた様に成って、岬一つ廻らなければ上陸場が無い。

 両人は見掛けよりも遠いのに驚き、
 「昨夜我々は是ほど遠くまで流されたのかねえ。」
と竹里(ちくり)が云うと、ここから更に数哩(マイル)の沖合いへ流されたのさ。」
と梨英(りえい)が答えた。其の中に舟は岬を廻って寒村島の前面を斜めに望む位置に出たが、舟着きの上の方に昨夜の少女が岩の上に立って居る。

 竹「見給え、網守子(あもりこ)とやらが約束の通り、我々の目印に立って居るよ。」
 梨英は竹里よりも先に此の様に認めたが、彼は全く霊感に打たれた様に眺め入って、口も利かない。暫(しばら)くして、
 「アア、神品?神品」
と呟(つぶや)き、深い息を洩らした。

 竹「ナニ神品、君は彼の少女を其れほど美しく思うのか。----如何ほど美しいにもせよ、都に育った吾々が、田舎娘に見惚れてては物笑いだぜ。」
 梨英は少し憤る様な語調で、
 「捨部(すてべ)君、君の眼には、少女以外の何物も見え無いのか。此の島の山の色と云い、空には淡(うす)い雲が流れ、下の波と相映じて、其の中間に罪を知らぬ少女が吹く風に髪を晒して、岩の上に人を待って居る。この様な調和が人間の画(え)に在り得やうか。」

 説明せられて竹里は初めて気が付いた様に、更に眼界を広くして見直した。時は今、五月の末で、島に峙(そばた)つ二個の小さい峰が濃い青葉に包まれ、如何にも空の色、水の様と調和し、画心(えごころ)の無い身にも、成るほどと合点せられる。

 「イヤ恐れ入ったよ路田君、君は全く絵画の天才だ。唯だ天才のみが霊感に打たれると云うが、君は今霊感に打たれた、其れが天才の証拠だよ。僕は謹んで君の前途を祝福する。」
と云い、梨英の手を握り緊(し)めた。
 けれど梨英はまだ半ば夢中の様で、幾度も深い息を吐き、空しく虚空を眺めて居ると見えたが、忽(たちま)ち我に復(かえ)った様に、非常に興奮した声で、

 「捨部君、捨部君、他日僕が大画家と成ることが出来なかったならば、僕を取るに足ら無い劣等の人として、君の交友名簿から除名して呉れ給え、芸術家が此の様な天然の手本をーーー神品をーーー示される場合は生涯に一度あれば非常の仕合せと云う者だ。其れだのに平々凡々の作品しか出来無いならば、僕は芸術家と云う名誉ある職業を侮辱する者だ。」
と云い切り、其の後は再び深い思いに耽(ひた)る様に、口を結んで何事をも云わなかった。


次(六)へ

a:137 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花