巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume51

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十一) 気の毒な程の反映

 入って来た路田梨英の姿は、部屋の美しさに照らされて、気の毒なほどの反映である。
 彼自ら此の様な事では無いかと思い、俄(にわ)か拵(こしら)えにも、幾分の身姿(みなり)を作って来る積りであったけれど、江南に待たされて、其の暇が無くなった。彼は幾度も途中から引き返えそうかと思ったけれど、燈火に引かれる夏虫であった。引き返すことが出来なかった。此の部屋に入ると共に、引き返えさなかった自分の愚かさを悔いた。

 彼は数年来、人の客間には入ったことが無い。彼の行く先で立派なのは、蛭田江南の画室だけである。けれど、自ら画工として、画室の立派さには驚かないが、此の部屋は画室で無い。贅沢に造作せられた客室である。一切の飾り附けが、余程美術趣味に富んだ人で無ければ、出来ないだろうと思う様に配合せられ、梨英の目には、殆ど理想的とも言うべき程に見える。

 実は、網守子自らの意匠に成ったのである。もう引き返すことも叶わない。歩み入ると同時に、梨英の手は網守子に握られた。それでも梨英は言った。
 「ここは私の来る所では有りません。私の居る所では有りません。此の姿で此の様な立派な部屋へ、網守子さん、貴女は意地悪です。路田梨英に恥ずかしい思いをさせるのが、貴女には面白いですか。」

 網守子も今更気の毒な思いが、無いでも無い。けれど直ぐに答えた。
 「貴方は男の身で、何を其の様に恥ずかしいと言うのです。貴方は何の様な宝にも代え難い天才の身で、此の部屋へ入ると入らぬとで、恥ずかしさが異(か)わりますか。」
 梨英は力無く、

 「アア、其れはそうだ。私の身は何処に居ても恥ずかしい。此の部屋へ入らなくても恥ずかしい。」
 網「イイエ、何処に出ようと、少しも恥ることは有りません。天才は人間の誇りだと、五年前に貴方が私へ教えて下さった。」
 梨「網守子さん、もう私は天才では有りません。自分の身が自分で無いのです。」

 網守子には、此の意味が良く分からない。けれど、傍で聞く柳本小笛嬢には、妙に深い感動を与えた。少なくとも小笛嬢は、此の言葉が身に浸み入る境遇に立って居る。
 網守子は先ず梨英と小笛を引き合わせた。そうして直ぐに自分の手文庫を持ち出した。手文庫の中には、種々の絵が入っている。網守子は成るべく梨英の気を紛らせ、身の零落などを、思い出させない様にする積りである。

 文庫の中から最初に取り出されたのは、梨英が五年前に書いた下絵である。網守子は快活な調子で
 「貴方は、此の絵を書いた時の心持にお成りなさい。」
 梨英は熟々(つくづ)くと之を見て、
 「アア路田梨英の絵と言うことの出来るのは、此の下絵ばかりだ。路田梨英の絵は、世の中に一枚も無い。一枚も無い。」
 彼の目には涙が滝の様に下った。


次(五十二)へ

a:110 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花