巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume54

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十四) 親切な初鳥夫人

 「此の絵は誰が書きました。」
と梨英が問うたのは、何と無く梨英自らの筆法に、似た所の有る為であった。
 網守子「私が書きましたの。」
 梨「貴女は五年前には、満足にに画筆を持つことさえ知らない人で有りましたのに。」

 網「貴方の言葉に励まされ、其の後一生懸命に稽古しました。」
 梨「私の言葉が、其の様に貴女を励ましたのでしょうか。」
 網「ハイ、私は貴方に、何の様な女に為れば好いかと問いました。其の時に貴方が答えて下さった言葉は今でも、一々覚えて居ます。」

 次第に梨英の心が、昔の打ち解けた様に帰りかけた様に見える。傍(かたわ)らに居た小笛嬢は、自分が居ない方が好いだろうと思い、ソッ立って静かに部屋の外に出ると、初鳥添子夫人が立って居た。添子は自分が立ち聞きして居たのを紛らせる為め、
 「私、余り退屈ですから、貴女を迎えに来た所でした。 サア私の部屋で、お茶でも入れましょう。」
と言って誘った。小笛は此の夫人に、此の様に言われるのは初めてである。

 網守子も梨英も、小笛の立ち去ったのには、気も付かないほど話が熟して来た。
 網「ですから私は、何も彼も貴方の弟子ですわ。お弟子の絵を見て下さい。」
 梨英は幾枚も網守子の絵を見比べて、
 「貴女に、絵の天才が有ると言って褒める訳には行きませんが、唯勉強の一通りで無かった事は分かります。良くここまで進みましたよ。婦人の絵としては、もう上手過ぎるほど上手です。是より巧妙(うま)ければ素人では無い、全く貴女は素人の頂上まで進みました。」

 網「此の上進むには及ばないでしょうか。」
 梨「及びません。王国美術院の会員にも、貴女ほどの絵を書けない画家は幾等も有ります。」
 網守子はこの様に褒められて、全く自分の目的が達した様な気がした。
 梨「したが、貴女は何して島を出ることが出来ました。」

 網守子は之に答えて、老祖母が死んで、自分が意外な財産を得た事から、老祖母の話に聞いた、鰐革の鞄(かばん)を見出した為、之を正しい持ち主に返す為め、其の人を捜すだけの為にも、島を出なければ成らないと思った事、続いて谷川弁護士に、何も彼も相談し、弁護士の世話で、巴里(パリ)、羅馬(ローマ)、冨露蓮(フローレンス)、維也納(ウェーン)、土烈丁(ドレスデン)などを廻り、種々の師匠に就いた事などを語った。

 梨「そうですか。谷川弁護士とは、実に好い人に世話をお受けなさった。今でも、あの様な弁護士に後見されて居れば、何事も間違いは無いでしょう。何にしても貴女の決心、貴女の努力には敬服しました。」
 彼は殆ど自分の現在の辛さをも忘れたかと見受けられる。

 網「ですが私の最も力を入れたのは音楽です。音楽を聴いて頂きましょう。」



次(五十五)へ

a:147 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花