巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume57

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十七) 此の死骸が生まれ更(かは)ります

 梨英が、何故急に腹立たしい顔と為り、鋭い声を発するかは、網守子は気も付かない。
 「ハイ其の人に逢いました。逢って見ると、全く貴方と違うでは有りませんか。私は、意外やら残念やら、何うすれば好いだろうかと思いましたが、其れでも其の人は、三重の大天才と言われ、多くの人に尊敬せられて居ますので、私も天才ならば尊敬しなければ成らないと思い、何にしても其の様な大天才に逢ったのは、仕合せで有ると思い直しました。
 幸い其の席へ捨部竹里が来合わせた者ですから、私は直ぐに竹里に貴方の事を尋ねたのです。」

 梨英はここまで聞いて、跳ね起きる様に突然立ち上がった。
 「網守子、網守子、貴女の知る路田梨英は、恥辱の為に死んで了(しま)いました。ここに居る此の梨英は彼の死骸です。此の死骸は是から更に生まれ更わります。生まれ替わって何の様な人になるか、見て下さい。」

 網守子は全く路田梨英の心に、昔の清い高い、強い精神が返り来たことを知った。嬉しさに我慢がならず縋(すが)り付き、
 「オオ、本当に生まれ替わって下さるか。梨英、梨英、生まれ替わって下さい。貴方の高い高い天才を輝かす様にして下さい。」

 梨英は無言のまま、網守子を払い退ける、仰向(あおむ)いて部屋の中を其方(そっち)此方(こっち)と歩み始めた。
 其の踏〆める歩調も、今迄の様なオドオドした足路(あしぶみ)では無い。俯仰天地に恥じぬ《自分には少しもやましいところが無い》人が、此の後の身の振り方を考えながら歩んで居ることは、見受けられる。折角この様な心に返った者を、邪魔をしてはと思い、網守子は静かに此方に控えて居た。

 梨英はやがて炉の前に立ったが、彼の眼は其の棚にある「江南詩集」に、注ぐとも無く注いだ。開いてある表紙裏の文字が眼に写った。其の筆跡は今初めて見るのものでは無い。
 「謹んで寒村網守子嬢に呈す、著者蛭田江南より、親しき交わりが、弥(いや)が上にも嬉しい実を結ばんことを願いて」

 此の文句は梨英の眼に火の様に見えた。
 彼は網守子に背を向けて立ったまま、其の身体が石に成ったかと疑われる。勿論網守子は、此の詩集を先刻添子が、ここに置いた事も覚えて居ない。其の文句などは念頭に無い、やがて梨英は衣嚢(かくし)から紙切れを取り出した。是は此の家へ来る前に、蛭田江南から与えられた一千円(現在の約百万円)の銀行小切手である。

 彼は無言で此の小切手をメリメリと縦に破り、又重ねて横に破り、無言のままで火の中へ投げ込み、静かに網守子の傍に返って来た。彼の顔は土の様に青い。彼は確かに大いなる決心を起こしのである。彼の心は深い深い感情に沸き返っている。けれど彼は強いて其れを制した様な、静かな、しかも微かに震える声で、

 「今夜は全く路田梨英の新紀元です。」
と言った。


次(五十八)へ

a:114 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花