巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume61

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (六十一) 其所が天才ですわ

 全く江南は、
 「親しき交わり」
と言う程の親しい交わりを、未だ網守子と結んでは居ない。
 「弥(いや)が上にも嬉しい実を結ばんことを願って。」
などとは如何にも慣れ慣れし過ぎる。
 是を網守子が嬉しく思わないのは、一つは、若しや江南が、梨英を凌辱しているのでは無いかとの反感の為でも有り、又一つは、余り江南が、此の頃網守子の行く先々へ、馴れ馴れしく立ち廻る為、自然に不快を感じていることにも因るであろう。

 添子は熱心に弁解しつつ、
 「先アその様な事を仰有らずに、此の詩集を読んで御覧なさい。江南の心の美しいことは、詩の上に溢れて居ます。其れは天才の奇行などと申しまして、行いの上には、貴女のお気に召さない事が有ったかも知れませんけれど、彼の詩を読んで、彼の心の美しさに打たれない人は、先(ま)あ無いでしょう。」
と言って、強いて網守子に詩集を読ませた。

 網守子は一種の好奇心を持って、先ず一篇を読んで見たが、全く其の詩は網守子の心に、天啓の様に感ぜられた。一篇、又一篇と、吾知らず引き入れられ、殆ど巻を措こうとしない。添子は見て居て、嬉しくも有り、又妬(ねた)ましい様にも感じた。
 「それ御覧ななさい、実に天才でしょう。美しい心が溢れて居るでしょう。」

 網守子は読み入って返事もしない。
 凡そ十篇以上を読み終わって、初めて何か気の付いた様に顔を上げ、
 「是は蛭田さんが詠んだのでしょうか。」
 「オホホホホ、其の様な事は、お問い成さる迄も有りません。」
 網「でも私達の様な、若い女の心がそっくり詩の中に宿って居ますがーーー。」

 添「其処が天才ですわ。」
 網「でも彼の様な重苦しい方に、此の様な微妙の事が言え様とは思われませんもの。」
 添「其処が天才ですわ。自分が男で有りながら、若い女の心を詠めば、若い女の心にヒシヒシと浸み込みます。実に天才は貴いでは有りませんか。」
 網「其れはそうですけれど。」
と言って更に考えた。

 添子は時機が熟したと見た。
 「ねえ、嬢様、此の様な大天才が、今は金銭上の事で、甚(ひど)い迷惑に陥って居るのですよ。其れは貴女、世間の少しでも芸術趣味の有る貴婦人に打ち明ければ、天才を保護するのは、貴婦人の誇りですから、誰でも其の迷惑を、私が救って上げようと言うのに極まって居ますけれど、私としては是非とも貴女に、其の名誉を引き受けて頂きたいのです。何うでしょう、ここで僅かに三万五千円も有ればすっかり、彼の心配が無くなり、彼は一心を芸術に投げ入れて、益々天才を発揮する事が出来ます。何うか貴女が其の三万五千円を、貸与えて下されないでしょうか。」

 到頭添子は火蓋(ひぶた)を切った。


次(六十二)へ

a:123 t:1 y:1
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花