巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume65

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (六十五) 突然に転業

 弁護士の書生が、突然に転業して名画工に成り出るとは、世に例の有ることか無い事か、網守子は知ら無いけれど、是も不思議の一つである。
 藤「私の父は江南の父と懇意であったそうですが、其の為江南は、子供の頃から此の家へ良く来ました。弁護士に成っても、少しも手柄は現わしませんでしたが、或時、私の父の許に来て、私は芸術が好きで、法律の事を好みませんから、是から画家になる積りですと話しました。

 父が驚いて、君は画の稽古をしたかと云うと、世間へ秘密で随分稽古したと言い、学校で成績の挙がらなかったのは、実は好きな道に努力を奪われ為だと答えました。其れから一月か二月の後に、処女作を見せるからと言い、懇意な人だけを自分の画室へ招いて、見せたのが此の絵です、其の時に集まったのは、十五人か二十人で有りましたけれど、孰(いず)れも一目見ただけで、絵画の大天才が現れたと云いました。」

 網守子は返事もせず聞き入っている。
 藤「彼の絵は、いままでの誰の画風にも似ていませんので、全く彼の独創だと言われます。尤も天才と言われる人は、皆幾分か独創の所が有りましょう。或る人は彼の絵を、ターナーに私淑して居ると言い、彼をターナー以後の第一人者だなどと賞賛します。それに不思議なのは、彼は幼い頃から余り旅行をしません。自分では想像で書くのだなどと言いますけれど、多分彼は一寸見た景色が、深く目の底へ入って抜け無いので、ツイ数日の旅行にも、他の画工の数か月の旅行ほど、多くのインスピレーションを得て帰ると見えます。」

 ここまで説明して、初めて気が付いた様に、
 「網守子、御覧なさい、絵の中に居る少女が、何だか貴女に似て居るでは有りませんか。彼の絵には、雑誌に出す略画の外は、大抵此の少女が居るのですよ。人が誰をモデルにしたのかと怪しみますけれど、彼は唯、「乙姫」だと答えるのみです。それで此の少女を、「江南の乙姫」と世間では言うのです。私は貴女の子供の時の姿が、多分此の「乙姫」に似て居ただろうと思います。」

 全く其の通りである。此の乙姫は確かに網守子の十五歳の時の姿である。藤子は更に江南が此の後、雑誌を発行、突然として詩人となり、小説家と為った事なども語り、
 「全く天才の奇行でしょう。彼の真似は天才の外、誰にも出来ません。」
と言ったが、網守子が何と無く考えに沈むのを見て、

 「貴女は気分でも悪いのですか。」
 網「ハイ何だか急に気持ちが悪くなったので、是でお暇(いとま)に致しますが、今度江南に逢ったら、私は佶(きっぱ)りと断りますから。」
と言って去った。


次(六十六)へ

a:144 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花