巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume66

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.7

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (六十六) 梨英を救はねば

 網守子は直ぐ我が家に帰り、深く深く考え込んだ。実に是ほど不思議な事は無い。蛭田江南の絵が、何うして彼(あ)れほど、路田梨英の絵に似て居るのであろう。
 似て居るのでは無い。全く梨英の書いた絵である。他の人なら疑っても、決し難(かね)るかもしれないけれど、自分の姿をまで絵の中に書き込まれてある。

 網守子には最早や、塵程の疑いも残ら無い様に思われる。蛭田江南は確かに絵盗人か賊である。他人の絵を奪い、其れに自分の名を書き入れ、自分の絵として世間に示し、他人の名誉を自分の名誉として居るのである。
 けれど是は蛭田江南自身の、一人だけの考えでは出来ないことである。真の作者である路田梨英が同意しなければ、行われる筈が無い。

 梨英が、果たして此の様な事を、同意したので有ろうか。イヤ同意したに決まって居る。同意したからこそ彼の絵が、江南の画として通用して居るのである。彼は何故に、此の様な不名誉な事柄に同意したのであろう。サア分から無い。ここに至ると網守子の心には、何の手掛かりも思い浮かば無い。

 彼は五年前には、自分の技を研き、自分の名を揚げることを唯一つの目的として居たのに、今は自分の名を隠し、他人の名の下に隠れるとは、何と言う不思議な事であろう。
 網守子は、更に今度再会して以来の、梨英の様子から、梨英の言葉などを考えて見た。

 彼は若し、自分の画に自分の名をさえ署して置けば、今頃は彼自らがターナー以来の第一の天才画家として、殆ど飛ぶ鳥を落とすほどの勢いと成って居る筈である。其れが自分の作品を人に与え、自分の天才、名誉、人格をまで人に奪われ、其の身は自分で鼠の巣と称する、見すぼらしい画室に棲み、世の人と交わることさえ出来無い境遇に沈んで居る。決して本心から此の様な逆境に甘んずる筈は無い。そうすると、彼の身には何か蛭田江南に、何にも彼も捧げなければならない様な、弱点が有るのだろうか。

 彼の言葉から察すると、そうだ、彼は止むを得ずして、江南に此の様な圧迫を受けて居るらしい。彼が自分の身を嘲(あざけ)って止まないのは、もう江南に何も彼も奪われ尽くし、再び自分の身は、此の世に浮かび出る道が、絶えたと思うが為では無いだろうか。彼は自分の事を、世を欺く詐欺漢だとさえも言った。

 其の時には、唯自分の貧乏に絶望し、自分の身に愛想を尽かしたが為に、言ったのだと思ったけれど、今思えば深い意味が有るらしい。是れは何しても、彼を救わなければ成らないと、網守子が思い定める折しも、初鳥添子が入って来て、
 「蛭田江南が、貴女をお尋ねしたいとの電話です。」
と告げた。


次(六十七)へ

a:107 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花