巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume67

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (六十七) 江南の筆は唖である

 蛭田江南が尋ねて来ると聞き、網守子は直(すぐ)に断ろうと思った。けれど思い直した。兎も角も彼に逢って、我疑いを確かめなければ成らない。彼が来るのは勿怪(もっけ)の幸いである。今までは、彼を成功した天才と思って居た。今日は画盗賊として、静かに観察しなければ成らない。

 添子は網守子の顔色が、常に変わって居るのに気が附き、
 「貴女は先刻から何を考えて居らっしゃるの?」
 網「私は大変な事を発見してーーーー。」
 添子自らが脛(すね)に傷を持って居る。
 「エ、大変な事とは、何か私の身に就いてですか。世間の人は私の事を色々に言いますけれど。」

 網「ナニ、貴女の身に就いてでは有りませんよ。」
 添「では誰か、貴女の財産を奪ったとでも言うのですか。」
 網守子は、添子に打ち明けるべき事で無いと思い、
 「ナニ其の様な事では無い、私は自分の思い違いに気が附いたのです。」
と言い、体よく話を打ち切って了(しま)ったが。間も無く蛭田江南が入って来た。

 彼の身には全く富と成功が輝いて居る。其の実、其れほどの富でも無く、内幕は甚だ怪しい、又成功と言っても、色々と掛け引きの多い成功で、当人の心には、殆ど安心と言う瞬間が無い。けれど、傍(はた)から見る目には、全く当世第一の流行児である。

 網守子は何時に無く、打ち解けた様で彼を迎えつつも、彼の様子の立派なのを見ては、梨英の見すぼらしさと、思い比べない訳には行かない。
 網守子の心には、梨英が小切手を裂き捨てた事をさえ、思い浮かべた。彼の小切手には蛭田江南の名が有った。彼は江南に自分の天才、自分の名誉、自分の人格を奪われたのを、心外に思い、其れで小切手を、裂き捨てたのでは無いだろうか。こう思うと網守子は、自分が仇敵の前に居る様にも感ぜられる。

 網守子はなる可(べ)く話を、画の方に向けたが、江南の答えが、全く他人の説の受け売りあることが良く分る。今までは、唯彼の言葉を、重苦しいと思うに止(とど)まったが、今は其れが一々贋(にせ)であると感ぜられる。けれど彼は、網守子の待遇(もてなし)が嬉しくて、止め度も無く自慢話が募り、何でも自分の天才を誇ろうする。

 終に網守子は自分の画を持ち出し、筆を与えて、
 「何うか直して下さい」
と言うと、彼は当然の様に筆を取り、
 「そうですね、私が加筆すれば、此の絵が全く活きて来ますよ。」
と言い、筆を指先で弄ぶけれど、画面に触(さわ)ろうとはしない。

 網守子は、曾(かつ)て梨英に、絵を教わった時の事を思い比べた。梨英の筆は活きて居る様に、自然に紙の面を走り、少しも休まなかった。江南の筆は唖であると共に聾である、死物である、少しの働きも見せ無い。


次(六十八)へ

a:124 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花