巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume68

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (六十八) 行く先は梨英の許

 今に江南の鉛筆が紙に着くかと待って居ると、着きそうに見えて着か無い。紙より一、二寸離れた空中を、宛(あたか)も巧みそうに行きつ戻りつする。
 彼は筆の無能を口で補っている。
 「天才の筆が一寸触(さわ)れば、死んだ画が活きて来るから恐ろしい者ですよ。良く御覧なさいよ。」
 今度こそ紙に着くかと網守子は息を凝らした。けれど着か無い。

 彼「けれど貴女は、女としては感心に良く修行成さった。是だけ描(か)ければ、私の筆の行く所を見て、成るほどと合点することが出来ましょう。若し修行の足り無い婦人ならば、天才の筆を見ても、天才と解することが出来ません。」
 言う折しも、幸か不幸か四時を打つ時計の音が聞こえた。彼は之に驚かされた様に、

 「アア、私は四時に逢う約束の人を忘れて居ました。貴女のお傍では、何時の間にか時間が経ちます。残念ながら今日は是でお暇(いとま)にしなければ成りません。」
 嘘か誠か知ら無いけれど、かけ引きが実に旨い。少しも嘘らしい所を見せ無い。

 「貴女の作品は此の次に、悠(ゆっ)くりと来て直してあげましょう。」
と言って分かれ去った。
 後に添子は網守子の傍に寄り、
 「貴女は本当にお仕合せな方ですよ。蛭田さんが自分の天才を惜しまずに教えて呉れるとは。---貴女より外の方なら決してーーーー。」

 網守子「ですが貴女は蛭田さんが、実際に絵を書いて居る所を、見た事が有りますか。」
 添「イイエ、江南は全く書き上げて了(しま)うまで、誰にも見せません。彼は出来上がる前に、批評されるのは五月蠅(うるさ)いと云って居ります。」

 網「画題は大抵海ですか。」
 添「そうです。彼は他の画家の様に、深山は書きませんが、書けば必ず海に縁の有る絵で、何処かに必ず少女が居ます。其のモデルが分から無いので、世間では江南の乙姫と言いますが、丁度貴女の子供の頃の姿かと思われる様な容貌ですよ。」
 網守子は、もう自分の疑いを確かめるのに必要な丈は、見もした。聴きもした。

 此の上は更に路田梨英に逢い、直々に問試み度いと思い、今日は少し時間が遅いけれど、其れでも尋ねて行く気に成った。折しも丁度、二、三日見えなかった柳本小笛が来て、葉書でお断りしました通り、兄が病気に成りまして、傍を離れることが出来なかったものですから。」
と言い訳けした。

 「イイエ、兄さんの病気なら、私の所へは、幾日来なくても構いませんが、何の様な御病気ですか。」
 笛「余り失望して、神経を激動した為か、熱が出まして。けれどもう直りました。」
 網「では是から私と一緒に、散歩が出来ますか。」
 笛「ハイ、今日はもう、何時まででも。」

 二人は連れ立って外に出た。
 行く先は梨英の許(もと)である。


次(六十九)へ

a:136 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花