巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume69

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (六十九) 之れも鼠の巣

 網守子が、小笛と共に家を出たのは、午後の四時であった。けれど夜に入るまで帰って来なかった。
 「仕様の無いお転婆だよ。何処へ行ったのだろう。」
と添子は独り呟(つぶや)いた。

 両女(二人)は、打ち解けた姉妹の様に、手を引き合わせて歩み、歩みつつ絶えず互いに話し、間も無く梨英の居る「鼠の巣」に着いたが、梨英が朝から留守であると分かった。のみならず何時頃帰って来ると言うことも、家主には分から無い。

 網守子は、一方ならず張り合いが抜けた様な気がしたが、真逆(まさか)に留守の家へ据(すわ)り込んで待つ訳には行か無いから、明日又出直して来る積りでここを去った。

 先ほど小笛は、頻りに自分の兄阿一が、戯曲に失敗した事を語り、兄の病気も、其の失望の為に出た次第を告げて居たので、ここに至り網守子は、一方ならぬ同情の念に駆られ、
 「では是から貴女の宿に行き、私が貴女の兄さんを慰めて揚げましょう。」
と言った。

 小笛「貴女に此の様な事までお願いしては済みませんけれど、兄は唯だ私と差し向かいで、誰からも親切な言葉を聴かず、失敗した脚本を、恨めし相に眺めてばかり居ますから、此のまま置いては、発狂でもしはしないかと、気遣われます。」

 網「私が慰めたからと言って、何の甲斐も無いかも知れませんけれど、其の脚本を見せて貰えば、又何の様な思案が浮かばない者でも無いと思います。」

 小笛「イイエ、貴女は芸術家の心持が、良くお分かりですから、貴女が何とか仰って下されば、たとえ可(い)けない者として、断念(諦)めるにしても、思い切りが好いだろうと思います。」
 網「ナニ。可(い)け無い者などと、其の様な筈は無いだろうと思います。貴女の兄さんは二年の間、全力を其の戯曲へ注いで居たと言うでは有りませんか。」

 小笛「そうです。世の中に、兄の作ほど力の籠(こ)もっている脚本は、無いだろうと思います。兄は寝ても覚めても、其の脚本の創意工夫ばかりに執着して、二年間に何回書き直したかも知れず、全くの其の脚本が、自分の子か、自分の命かの様に思って居ります。其れを批評家から、全くの拙作で、世に示す値打ちの無い様に宣告されましたから、失望するのが当然だと思います。」

 網「けれど其れほど力を込めた作品が、失敗である筈は無いでしょう。」
 語らう中に柳本兄妹の宿に着き、見すぼらしさに於いて、「鼠の巣」と競争すべき其の部屋に、網守子は歩み入った。

 此の時もまだ、柳本阿一は戯曲の原稿を睨み詰めたまま、青い顔をして呻(うな)って居たが、小笛から網守子が来たと聞き、
 「立派な批評家に、失敗と宣告せられた者を、誰が見ても仕方が無い。」
と恨めしそうな言葉を洩らした。


次(七十)へ

a:129 t:2 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花