巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume72

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.13

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十二) 何方(どっち)が赤面

 現在、我妻へ自分が他の女に結婚を申し込む所存を明し、其れを助力せよと命ずることは、何と言う無情で有ろう。けれど今の添子は、其れを怒ることの出来無い位置に居る。若しも江南に捨てられては、身の振り方さえ無いのである。

 彼女は答えた。
 「貴方に金さえも貸さ無い女が、貴方の妻に成ろうと言う筈は無いだろうと思います。ですから私は安心して賛成します。」
 江南「私の方は、唯婚約が出来た様に、世間へ見せ掛ければ好いのだから。たとえ網守子が承知しなくても、宛(あたか)も承知した様に見せ掛ける手段は、外にも有る。」

 添「ですが、其の様な事を言って、私を安心させて置いて、其の実、貴方が真実私を網守子に乗り換える様な心でも出したなら、其の時には、私は遠慮なく貴方へ復讐しますよ。」
 何の様な復讐の方法を、持って居るのかは知ら無いけれど、添子の此の言葉は、何うやら底力の有る様に聞こえる。江南自身も復讐の意味を知って居ると見え、単に、
 「其れは承知だ。」
と答えた。

 此の様にして、二人の話は終った。更に江南は
 「網守子に何か贈ろうと思うが、何の様な品が好いだろうか。」
 添子は何やら考えながら、部屋の内を見廻したが、北の窓の下に在る、例の画面に目を注ぎ、突(つ)と立ち上がって其の前に行き、

 「オオ此の画は真に良く出来ましたねえ。私の様な素人が見ても、波の飛沫(しぶき)が身に掛かるかと疑われる。是を網守子に贈れば。」
 江南「イヤ、是だけは贈ることが出来無い。此の次の展覧会へ出して、世界をヤンヤと言わせなければ成ら無いから。」
 添子は猶(なお)も画の前に立ったまま、見惚れて、
 「何うして此の様な画が人間の筆で描(か)けるのだろう。それも法律学を修めて居た貴方の筆でーーー、是では専門に画の稽古をした世間の画家は、赤面しなければならない。」

 何方(どちら)が赤面すべきであろう。
 頓(やが)て添子は、江南の傍に帰り、机の上を彼れ是れと捜していたが
 「アア是が好い」
と言って江南の自筆の原稿一枚を取り上げた。
 江南「其れは是から印刷所へ送る次号の原稿だから。」
 添「貴方は今一枚、ご自分んで書き直せば好いでしょう。貴方の詩は、網守子が惚れ惚れするように読み入って、私は一時、妬(ねた)ましい様な気がしましたよ。」

 江南「そうか、網守子が私の詩を、惚れ惚れする様にーーー。」
 添「あれ、貴方はそれが嬉しいのですか。声の調子まで変わってさ。」
 江南「ナニ焼餅など焼く場合では無い、何しろ天才の自筆は非常に貴重な物で、バイロン卿の詩稿などは、一行でも半行でも、大金を以(も)って売買せられる。成るほど是を持って行くが好いだろう。」

 自筆の詩稿が網守子の手に入れば、江南の身へ何の様な結果を来たらすだろうとは、神ならぬ身の知る由もなく、添子は終にそれを持って家に帰った。


次(七十三)へ

a:89 t:2 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花