巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume73

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.14

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十三) 損失は引き受けます

 添子より家を早く出た網守子は、第一に国立美術院に行き、自分の稽古の為に古い名画を写しなどし、時刻を計って、次に捨部竹里を訪れた。
 竹里は網守子から柳本阿一の戯曲の事を聞き、深くは信用しない様な口調で、

 「イヤ、戯曲などと言う者は、中々素人に旨(うま)く作れる者では有りません。貴女が幾等感心なさったと言って、処女作で直ぐに興行主の気に入る様なのは、先ず無いと言うのが通例です。」
 網守子は残念で仕方が無い。
 「でも当人が真の天才ならば、処女作だと言っても、立派なのが無いとは限ら無いでしょう。」

 竹里「イヤ、天才と言われる人が、幾度も失敗し、失望に失望を重ねながら、経験を積んで、漸(ようや)くに、其の天才を現わすことが出来るのです。名高く無い人の作は、何か特別の事情が無ければ、孰(いず)れの興行人も、引き受けないでしょう。」

 全く竹里は常識に富んだ男で、容易に物事に惚れ込むと言う様な事は無く、何事に就(つ)けても冷淡である。
 網「特別の事情とは、何の様な事情ですか。」
 竹「仮例(たとえ)ば、其の興行に損が行けば、損失の幾分を引き受けると保障する人があるとか、又は!」

 網「何れほど損失を、引き受ければ好いのです。」
 竹「オヤ、貴女はご自分で損失を引き受けても、其の戯曲を興行させ度いと言うのですか。」
 網「そうです。」
 竹「イヤ其れは達て御止め申します。芝居の様な興行物で失敗すれば、大抵の財産は潰れます。」

 網「でも、一日か二日興行して、失敗と見たなら、直ちに止めると言う様な事は、出来ませんか。」
 竹「其れも出来ないことは無いですが、大劇場では出来ません。中等の劇場でも、若し試みに三日間、演じさせるとしたら、俳優の稽古料、その他を合わせ、五万円(現在の約五千二百萬圓)は提供しなければ成らないでしょう。」

 網守子は考えた。
 五万円を出すと言ったら、中々谷川弁護士が聞き入れないであろうけれど、自分が丁年(成人)に達するのは、もう間も無い事である。其の時には、谷川弁護士が何と言おうとも、自分で自分の金を自由にすることが出来るだけでなく、先日添子から、三万五千円(現在の三千六百万円)の借金を申し込まれた事を考えて見れば、其の上に一万五千円を足せば好い。

 「ハイ、事に由っては、其れくらいの損失は私が引き受けても構いません。」
 竹里は呆れた様に網守子の顔を見て居たが、如何にも熱心に見えるので、
 「其れとも誰か、勢力の有る株主から推薦すれば、興行主が従います。」
 網「株主には何うすれば成れるのです。」
 竹「確実な劇場の株主なら、損失の危険は少ないですが、其れでも十万円(現在の約一億円)は出さなければ、勢力が得られません。」
 網「十万円で直に株主に成れますか。」
 竹「イヤ、是は唯お話しする迄の事で、其の様な斡旋(あっせん)は、私はお断りします。」


次(七十四)へ

a:123 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花