巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume74

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十四) マチネーの催し

 自分が巨万損失を引き受けてでも、将(は)たまた、劇場の株主に成っても、一旦引き受けた柳本阿一の戯曲は、世に出して遣り度いと思っている。此の様に、進み出しては後へ引か無いのが、網守子の気質と見える。宛(あたか)も弦(つる)を離れた箭(や)の様な態(さた)である。

 若し此の相談を受ける捨部竹里が、少し軽佻(かるはず)みの人物であったならば、話は何所まで逸(そ)れて行ったか知れ無いが、幸いに彼は篤実(とくじつ)《人情に厚く、誠実であること》の紳士であった。色々と親切の言葉を以て、網守子を諭した。

 結局話は、網守子が「マチネー」として知られる、一種の内演会を催すと云うことに帰した。「マチネー」とは、親しい人だけを招き集め、饗応を兼ねて戯曲なり歌曲なりを演奏して見せ、其の批評や評判を聞くのである。

 是をするには、空けている劇場を借り、役者を雇って為(す)ることも有る。或いはズッと内輪に、素人中の有志者が演奏することも有る。孰(いず)れにしても、莫大な費用の掛かることでは有るけれど、「万」などと言う大金を使うには及ばない。網守子は此の案が気に入った。

 「ではマチネーに致しましょう。其れも商売人を雇うか雇わないか、其の辺の事は、少々考えが有りますから、追って貴方へ知らせますが、其の節には何うか戯曲の事に明るい友人を、沢山に連れて来て下さい。」

 竹「商売人を雇うとか、劇場を借りるとか言う様な、大金の掛かる方法ならば、私も一応谷川弁護士の意見を聞いた上で無ければ、賛成は出来ませんが、単に貴女の私邸で催すならば、喜んで出席もし、ご相談にも応じます。」

 是で一応の話は極まった。
 次に網守子は小笛嬢の詩の事を相談した。之は、
 「実物を拝見した上で、価値の有る作品ならば、何処かへお世話致しましょう。」
と答えた。

 又次に非常に異様な相談を持ち出した。其れは蛭田江南の書いた絵を買い度いけれど、自分が買い主であると知れては、困る事情が有るから、竹里の手で買受けて呉れないだろうかとの事である。
 竹里は少し考えて、
 「其れはお易い御用ですが、江南の画は此の頃、安い値段では買えません。」

 網「何れほどの値でしょう。」
 竹「其れは当人に当たって見なければ分かりませんが、先ず五千円(現在の約五百萬圓)も出せば、相談が出来ようかと思います。」
 一枚の絵が五千円、是が即ち、路田梨英の絵の相場であると思うと、今更の様に梨英の手腕が、非常に貴く思われるに連れ、何だか江南に五千円を横取りされる様な気がする。

 けれど躊躇せず、
 「では買い入れて下さい。」
と頼んだ。
 斯くて分かれを告げ、其の帰りに更に路田梨英の「鼠の巣」を訪(と)うたけれど、今日も梨英は不在であった。
 程経るまで美術館に立ち寄り、夕方に及んで又尋ねたけれど、又不在であった。

注;マチネー・・・昼間興行、夜間公演を原則とする西欧では、週のうち特定の曜日のみ、午後の興行を行う。

 


次(七十五)へ

a:119 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花