巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume75

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十五) 逆立つ柳眉(りゅうび)

 昨日も、今日も、何故に梨英は家に居ないのであろう。聊(いささ)か心配にも思われるけれど、居ない者は仕方が無いので、又明日でも尋ねようと思って、網守子は家に帰った。
 夜に入って彼の小笛嬢の詩集帖を取り出し、先ず最も新しい終わりの一頁を読み始めると、付き添い婦人初鳥添子が入って来て、
 「網守子さん、貴女へ差し上げる物が有りますよ。」
と言って、先ほど蛭田江南の所から持って来た、江南自筆の原稿を差し出した。網守子は驚くべきほど冷淡である。

 「何ですか其の紙切れは。」
 添子は例に由って舞台の上の身振りである。
 「紙切れとは情け無い。貴女はバイロン卿の自筆の原稿が、一行でも二行でも大金に売買せられることを、御存知ありませんか。」
と江南の言葉をそのまま受け売った。

 網「エ、其れがバイロン卿の自筆ですか。」
 添「そうです。バイロン卿の詩の原稿です。」
 網「其れを私は紙切れなどと云って、済みませんでした。どれ、見せて下さい。」

 添「バイロン卿はバイロン卿でも、昔のバイロン卿では無く、其れにも劣らぬ、今のバイロン卿、蛭田江南の自筆です。次号の雑誌へ載せるべき詩の原稿で、是から印刷所へ送ると言うのを、私が貰って参りました。」

 網「私は蛭田江南を、バイロン卿だとは思いません。」
 添「アレ、貴女は人の親切を、其の様に蹴做(けな)す者では有りません。故々(わざわざ)私が、貴女に上げ度いと思い、彼の机の上に在るのを、貰って来ましたのに。」

 成るほど、人の親切を無にするのは、善くないことで有ると思い直し、受け取って其の詩の句に目を通したが、忽ち網守子の顔は腹立たしそうに、其の柳眉が逆立った。
 無理も無い、此の詩は今読んだ小笛の詩の句と同じ事である。
 「是が江南の詩ですか。」

 人の顔色を読むのに長けた添子は、何事かと怪しみ、
 「何か此の詩に、異様な所でも有りますか。」
と言い、自ら原稿を手に取って読み直したが、唯だ優しい麗しい思想文句が、中を流れて居るばかりで、何も咎めるべき所は無いので、再び網守子の前に置き、

 「貴女は今の様な顔を成さると、若しご亭主でもあれば、ご亭主が驚きますよ。」
 網「オヤ、私は其の様な恐(こわ)い顔をしましたか。」
と言って、努めて面を柔(やわら)げた。

 添「此の様に美しいお顔だのに、思うことが直ぐに現れる様に見えるのは、勉めて直さればいけけませんよ。」
 網守子の心には様々の思いが満ちた。何よりも先ず江南の詩と小笛嬢の詩とを比べて見たい。幸いに二人の詩稿が自分の手許に在る。少しして添子に向かい、

 「今夜、私は用事が有りますから、此の部屋へ来ない様にして下さい。」
と言って添子を退け、先に贈られた江南詩集の一冊を探し出して、之を小笛の詩稿帖と比べ始めた。


次(七十六)へ

a:106 t:2 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花