巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume76

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十六) 三人を救はねば

 江南詩集と小笛の詩稿帖と、不思議も不思議、一字一句違って居ない。句読点一個まで同じ事で、詩の配列せられてある順序も同一である。
 網守子は読むに従い、詩の面白さに引き入れられる様な気がする。又比べるに従って、異様な疑いに責められる。何所かに少しでも双方の違った所は無いだろうかと、其れを見出し度いと思ったけれど、見い出すことが出来ない。

 異(違っ)た所は少しも無い。
 けれど網守子の手許に在るのは、江南詩集の末の巻一冊である。最初の巻一冊は添子夫人が、客室の間のテーブルの上に置いてある。網守子は其れを思い出し、静かに客室へ下った。此の時はもう夜も更けて、家中が寝鎮まり、唯閴(しん)として居る。

 けれど其の実、未だ寝鎮まらない一人が有った。其れは添子である。彼女は網守子の足音を聞き、窃(ひそ)かに覗いて見た。すると網守子が、客室に在る江南詩集の上巻一冊を取り、自分の居間へ帰って行く様子が見えた。
 「オヤ、オヤ、」
と添子は呟(つぶや)いた。

 網守子は上篇をも比べて見たが、一字一句の相違が無い。若しも網守子が、今の世の歴史家とか考証家とか言う様な、大学者ならば必ずここで、是は小笛嬢が蛭田江南の詩を愛する余りに、自分で写し取った者であると断定する所であろう。

 けれど網守子は学者では無い。唯だ自分の直覚で判断し、江南が小笛の詩を盗んだのだと知って了(しま)った。
 ここに江南の未だ発表していない次号の原稿の詩が、小笛の詩稿帖の終わりに出て居る。若し小笛が江南の詩を写した者ならば、未だ発表していない詩を、写し得る筈が無い。

 愈々そうと判断して、更に読み直して見ると、何の詩も、何の詩も、悉く若い女の真情が溢れて、小笛の言葉であり、小笛の声であることが争われ無い。さては江南は画を盗むのみで無く、詩をも盗むのである。

 今まで路田梨英のみを気の毒に思い。何うか救って遣り度いと思ったが、柳本小笛も、同じように気の毒である、同じように救って遣らなければ成らない。

 是れのみでは無い。小笛の兄阿一の戯曲を批評したのも、矢張り小笛の原稿を買い入れて呉れる其の同じ人であると、阿一自らの口から聞いた。そうすると、江南は戯曲をも盗み取りに着手して居るのである。
 こうと知る以上は、三人を救う為、何とか工夫を廻(めぐ)らさなければ成らないと、網守子は思い定めて寝室に退いた。

 此の夜の明け方、誰一人目を覚まして居ない刻限を計り、ソッと此の室に忍び入ったのは添子である。彼女は江南の詩集と小笛の詩稿帖とが並んで居るのを見、同じく双方を読み比べた上、何と思ったか、又静かに自分の部屋へ退いた。



次(七十七)へ

a:97 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花