巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume78

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十八) 愈々試演の始まり

 路田梨英は、何処に何をして居るので有ろう。幾度び尋ねても不在である。終に網守子は、置き手紙を残して帰ったが、其れでも何の返事も無い。翌々日更に尋ねて見ると、置き手紙は机の上に網守子が置いた時のままで、手も触れた様子が無い。

 多分彼は、先夜逢った時に、是から大いに奮発し、生まれ替わった人に為ると云った様に、今までの生活を捨て、更に奮闘的な生活に入る為に、職業をでも求めて居るのか。其れとも画の材料を求める為に、何処かへ旅行したので有ろう。孰れにしても、手掛かりが無いのだから、今は如何とも仕方が無い。唯自然に分かる時を待つのみである。
 
 この様に思い定めて、網守子は更に次の思案に移った。
 梨英一人が居ないが為に、小笛と阿一との事を捨てて置く訳には行かない。阿一の戯曲は捨部竹里と相談した通り、我が家に於いて、試演のマチネーを催し、兎に角も世に出すべき端緒を開いて遣らなければ成らない。

 幸いに網守子の心には、非常に面白い工夫が浮かんだ。其の工夫は小笛にも阿一にも、誰にも打ち明けない。只自分の心だけで、蛭田江南を試験するのである。
 彼江南が果たして三重の盗人で有るか否か、此の試演席で、自ずから分かることとしなければ成らない。勿論他人には分かるに及ばない。只だ自分一人の心に、其れと見極めが就けば好い。

 実に網守子は大胆である。衆人稠座(ちょうざ)の試演会に於いて、人知れず蛭田江南を試して見ることは、或いは眠れる獅子の髯を抜いて見る様な者では無いだろうか。自分から危険を招くのでは無いだろうか。

 けれど網守子は少しも危険とは思わないのみならず、自分が非常に面白い喜劇を作り出す様に思い、喜び勇んで其の準備に着手した。但し準備の日限が余り短かったのは残念であるけれど、俄(にわ)か細工の事柄が、却(かえ)って旨(うま)く行く試しも有る。

 第一に網守子は初鳥添子夫人に向かい、
 「次の火曜日に、試演会を催すので、成るべく多くの友達を誘って来る様に、蛭田江南さんへ頼んで下さい。」
と云った。
 此の頼みを伝えられた蛭田江南は、其の試演こそは自分が先の日、失敗と宣告した彼の戯曲の試演であるとは知ら無い。少しでも多く自分の勢力を網守子に示し、網守子の感謝を深くしたいとの一心で、様々の紳士貴婦人を借り出した。

 次には従妹藤子の一家族を招き、又次には捨部竹里に、約束の様に成るべく芝居道に関係の有る人々を、招いて呉れと頼み、総計凡そ四十人ほどの客が来ることになった。


次(七十九)へ

a:104 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花