巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume79

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.20

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十九) 喜劇か悲劇か

 全く網守子は、一場の喜劇を作りつつある積りである。
 会の目的は、柳本阿一と妹小笛の天才を、世に紹介するに在るけれど、此の紹介が絵盗人、詩盗人、戯曲盗人とも言うべき彼の蛭田江南を、何の様に驚かせるであろう。網守子は其の時の江南の顔、江南の様子、江南の挙動を、きっと一種の喜劇であるに違い無いと思って居る。

 勿論此の喜劇は、網守子より外へは、誰にも分からないのである。総ての来客は、自分が戯曲の試演を見つつあると同時に、直ちに自分等の傍に於いて、別に無言の喜劇が行われつつあると知る筈が無い。

 試演の準備は一切網守子一人の考えで取運んだ。部屋を飾る額は、路田梨英が五年前に紫瑠璃島で書いた下絵三枚を、立派な額縁に入れたのである。網守子の積りでは、此の額に並べて、蛭田江南の絵を掛け度いと思ったけれど、残念な事には其れが手に入らなかった。

 若しも並べて懸けたならば、見る人々が、江南の画は其の梨英の手に成った者と知るか、或いは梨英の下絵を借りて写したと思う筈である。たとえそうまで思わなくても、江南の外に梨英と言う画家が、江南に劣らぬ腕を持って居ると分かるであろう。

 此の目的の為に網守子は、捨部竹里が早く江南の画を買い入れて呉れればと、楽しんで待って居たが、竹里から返事が有った。
 「江南の絵は、展覧会に出す迄は、誰にも売らないとの事であるので、展覧会の終わるまで待って呉れと、江南自ら断った。」
との事である。其れが為に止むを得ず、只だ梨英の下絵のみを掲げる事と為った。

 一方には又、柳本阿一と小笛とに向かい、愈々(いよいよ)彼の戯曲を、大勢の批評家や芝居道に関係の有る人や、其の他の紳士貴婦人の前で、試演することになったので、阿一が自ら人形を使い、小笛が本文を朗吟する様に伝えた。

 兄と妹の喜びは一通りで無く、両人は既に充分に稽古が足りて居る上に、更に毎日毎夜練習し、少しでも多くの見せ場を現わす様にと、それぞれに非常に磨きをかけた。

 網守子が最も苦心したのは、光線の配り方である。使う人形と、読む脚本には、光線が良く射さなければ成らない。けれど客席は幾分か暗くして、例の喜劇が、自分だけには見えるけれど、他の客には、気が付かれない様にするのが好い。そうして自分の席は、従妹藤子と共に、音楽台に在るのである。

 ここからは、人形を見ることも出来、例の喜劇を人知れず注意することも出来る。とは云え是が真に喜劇であろうか。見物する網守子には喜劇でも、見物される江南には、大いなる悲劇ではないだろうか。


次(八十)へ

a:132 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花