巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume8

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

           (八) 老夫人の語る秘密

 二人の中、一人は此の家へ泊ると聞き、網守子の顔は嬉しそうに晴れ渡り、
 「祖母(おばあ)さんは喜ぶに極まって居ますわ。」
と答えた。若し両人とも泊まる聞いたなら、網守子は猶更(なおさら)喜んだで有ろう。

 直ぐに網守子は雇人に何か言い付ける為と覚しく、座を立った。後に竹里は警(いまし)める様に、
 「君、初めて来た家に泊まるとは穏やかでは無いよ。」
 梨「イヤ、僕は先方の好意を空しくしない方が好いと思う。其れに僕は成るだけ此の島を研究したい。」
 竹「アア君は天才だ。常識には欠けて居る。」

 日の暮れ無いうちに竹里は去り、梨英は自分の画(え)の道具や其の他の荷物を、隣島の宿屋から此の家へ取り寄せた。夜に入って、其の実不味(まず)い晩餐も、梨英は全く珍味の様に感じて食べた。其の後で網守子、

 「マア是から祖母さんのお話をお聞きなさい。」
 耄(ぼ)けて居眠ってばかり居る九十五歳の老夫人が何(ど)の様にして、何の様なことを話すのであろう。
 頓(やが)て老夫人の部屋に入ると、下田夫婦も波太郎も、恭(うやうや)しそうに部屋の一端に並んで居る。網守子は其の上席に座し、梨英を独り反対の側に、老夫人へ近く座らせ、是から一同は讃美歌を歌い初めた。梨英は之に和しながらも、密かに網守子の声の豊かなのに驚いた。

 次には網守子が、古い胡弓を持ち出した。すると下田の妻は糸車に身を寄せた。頓(やが)て胡弓の音が劉々(りゅうりゅう)と室に満ちた。曲は昔から此の島に伝わって居るので有ろう。梨英は初めて聞くのだけれど、網守子の調べは実に旨(うま)い。何にも知らぬ田舎娘と思って居たのに、大いに見上げる様に感ぜられた。

 一曲、また一曲と、曲の選びは下田夫人が指図する。曲に和して糸車がブーンブーンと鳴り始めた。此の音に老夫人は首を上げた。そうして暫(しば)らく部屋中を見廻して居た。其の中に梨英の顔に目を留め、
 「オオ、好く来(いら)しったねえ。」
と幽(かす)かに言い、続いて何か口の中に呟(つぶや)き始めた。梨英は耳を欹(そばだ)てた。

 胡弓と糸車の音の中に、老夫人の声が僅(わず)かに聞き取られる。
 「オオぞうですとも、表向きは水先案内と言う営業、内実は海賊、皆そうですよ五ケ島の人々は。ナニ其れも先祖からの仕来りだから構いませんわ。けれど暗(やみ)の夜に、来る舟の目当てとする此の島の火を消して、無人の島へ燈火(ともしび)を附け、遥々東印度から帰って来る船を、地獄の瀬戸へ迷い込ませて破船させるとは甚(ひど)い。ねえ甚(ひど)いでしょう。彼の印度丸は、大変な金目の品ばかり積んで居ましたねえ。」

 老夫人の言葉は戯言(ざれごと)とは思われ無い。確かに此の島の過ぎ去った秘密を語って居るらしい。


次(九)へ

a:72 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花