巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume81

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (八十一) 女と女との暗闘

 阿一も小笛も、今宵を、殆ど一生の浮沈の分る所と言う程に思って居る。今宵、若し此の下読みが、旨(うま)く行かなかったならば、此の戯曲は再び浮かぶ瀬も無く、葬られるで有ろう。この様に思って小笛は、今更の様に、自分の役目の重きを感じ、身体が震えて居る様に見える。

 網守子は、先ず小笛と阿一とを、其れ々れの席に就かせ、愈々と言う身構えをさせた。此の場に及んで、小笛は忽ち勇気が挫けた様に、
 「何うしたら好いでしょう。私は動悸がして、声が続かない様に思います。」

 網守子は励まして、
 「普段、自分の部屋で朗読するのと同じ様に思い成さい。聴く人は、僅かに四十人か其所(そこ)らです。」
 小「でも皆んな立派な方々でしょう。」
 網「幾等立派な方々でも、皆な人形の方へ眼を取られ、誰も貴女を見ませんよ。」

 阿一も少し叱る様な声で、
 「今更心が挫(くじ)けては仕方が無い。宿を出る前にも、言い聞かせ置いたでは無いか。」
 けれど無益である。小笛は動悸が鎮(しず)まらない様に、胸に手を当てた様である。

 そうと見た初鳥添子は、横合いから進み出、
 「オヤ、貴女は学校で朗読会へ出た事が無いのですか。」
 小「学校では幾度も朗読したけれど、学校と此の席とは違います。」

 添子は嘲笑(あざわら)い、
 「そうねえ。社交界に出たことの無い田舎の人は、場打ちがするのも尤もです。小笛さん、心配なさるな、私が替わって上ましょう。私などは聴き手が多ければ多いだけ、益々心に張り合いが出て来ます。」

 余(あんま)りそうでも無いであろう。過ぎる三年程の間、女優として田舎の劇場を廻って居たけれど、大した喝采を博すると言うことも無く、給金の上がる見込みも無かった為め、今は此家(ここ)へ転がり込んで居る。けれど其の様な事は誰も知らないが、兎にも角にも、此の嘲笑(あざわら)う様な言葉が、グッと小笛の癪に障った。

 女と女とは何の様な場合でも、人知れず競争して居る。小笛は此の女に出来るのに、自分に出来ない筈は無いと言う気が起こって、
 「イイエ、今夜だけは、如何に拙(まず)くても、私が勤めなければ成りません。」

 添「などと綺麗な口を聴(き)いて、途中で声が出ない様に成れば困りますよ。尤も其の様な時には、直ぐに私が代わって上げます。其の為め私は貴女の傍に居る事に致しましょう。」
 小笛は之をも断る訳には行かないから、
 「ハイ何うぞ。」
と頼む様に答えたけれど、実は心の中で何で、此の女に代わりなどを頼む者かと、利かぬ気を引き起こした。

 全く初鳥添子の嘲笑いが、小笛の心に思っても見なかった底力を起こさせた。小笛は必死の思いで気を引き締め、やがて何の様な聴衆でも恐れないと言う度胸が据わった。


次(八十二)へ

a:103 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花