巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume86

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (八十六) 単に偶然の損失

 実に江南の顔の耐力には、驚かざるを得ない。赤く白く又青く、様々に変化して居たが、其の中に段々と鎮まって来た。多分彼は必死の思いで顔の色を調(ととの)えたで有ろう。尤もこの様な場合は、人知れず顔色を整えるだけの度胸が無ければ、現在の彼の生活は、決して支えることが出来ないであろう。

 今迄に幾度と無く、人に様々の弱点を看破されたに違い無い。
 怠らず彼の顔に注意した網守子も、今は彼の顔が平気に帰ったのに、聊(いささ)か恐ろしいほどに感じた。彼の顔を他の客と見較(くら)べても、別に怪しまれる所が無いほどと為った。

 それに此の戯曲が、最初の幕は人を心配させ、第二の幕は、人を笑わせ、第三の幕は人に大いなる安心と、大いなる愉快とを感ぜしむる様な、筋である。喜びの中に悲しみが有り、悲しみの後に又喜びが有る。即ち人情劇とは言う者の、高尚な悲喜劇である。

 此の点から言うと、彼れの顔色は最初の幕の心配に、最も似合しく見えて居ると言っても好い。
 けれど彼れは心の中で様々に考えた。抑々(そもそ)も、柳本阿一と小笛とが、此の網守子に此の様に大事にせられて居るのは何の為あろう。何の目的を以て網守子は阿一の戯曲の為めに、此の様な試演会を催したのであろう。

 真逆(まさか)に、彼れは網守子が自分を試す為と言う、陰密の目的を隠して居ようとは思わ無い。良く良く考えて見ると、過ぎる頃、添子の話に、網守子が新聞紙に広告をして、女詩人を募ったとの事であった。

 さては其の募りに応じて、網守子に雇い入れられたのが小笛であるのだ。そうすると、小笛と網守子との関係は、単に雇い主と雇人と言うに過ぎない。そうだ、雇主と雇人では有るけれど、年頃の似寄った女同士である為、其の間に幾分の同情が通い、小笛から網守子へ、自分の兄の戯曲の事を訴えたので有ろう。それを網守子が気の毒な事に思い、世の中へ紹介して遣る為に、今夜の此の試演を催した訳であろう。

 是だけの事とすれば、何も恐れることは無い。我が物として安く買い取る積りで有った戯曲が、自分の手から逸することに為ったのは、残念では有るけれど、別に自分に取って、死活問題と言う程でも無い。単に偶然の損失なんだ。

 素より彼は様々の危うきを渡って居るだけ、様々の失望や様々の驚きに慣れて居る。今夜の驚きは、その中で最も険悪な性質である。けれど終に彼は多寡(たか)を括(くく)り、早くも善後策を考え得たと見え、やがて、第一幕の終わった時に、誰よりも先に喝采したのは、彼であった。


次(八十七)へ

a:99 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花