巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume91

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (九十一) 嬉しいのか悲しいのか

「額の絵が君のか否」
と直接に問われて、もう何の逃げ道も無い。江南は此の場合に何と答えるであろう。
 最初から絶えず江南の挙動に注意して居る網守子も、他の人々と共にここへ来た。今まで網守子は何事も知らない顔で居たけれど、流石女だけに、心の何処かに弱い所がある。此の様に路田梨英の絵が甲紳士と谷川弁護士との争いと為っては、事に由ると梨英の為に、不利益な結果と為り行くかも知れ無いと気遣った。

 若しも江南が、口から出任せの返事をするのを、其のまま許して置けば、或いは梨英の名が葬られて了(しま)わないとも限ら無い。是は黙って居られ無い場合であると、自分から進み出て、
 「イイエ、彼の絵は私の友人路田梨英が書いたのです。」
と、きっぱり言い切った。是で江南の返事する余地が無い。

 彼は自分の返事すべき責任の無くなったのが、嬉しいのか悲しいのか、或いは自分の永年の偽りが、ここに暴露する時が来た者と思ったのか、キョロキョロと四辺(あたり)の人の顔を見廻すのみで、口には何の声も出無い。

 此の返事を聞いて非常に驚いたのは、甲紳士である。
 「エ、エ、彼の額の絵が、蛭田江南君の筆では無いのですか。」
 網守子「ハイ、蛭田さんの筆では有りません。」
 甲紳士「江南君の外に、彼の様な絵が書ける人が有りましょうか。」

 網守子「ハイ、路田梨英と言う新進の画家です。」
 甲紳士「其れは不思議だ、路田梨英、私は聞いたことも無い。若しや、何かの間違いでは。」
 網守子「イイエ、五年前に、ここに居る捨部竹里さんと共に、路田梨英が紫瑠璃島へ参りました。私の目の前で此の下絵を作り、其れを直ぐに私が貰ったから、少しも間違いは有りません。」

 甲紳士は全く赤面し、更に何か言いたそうに見えたが、捨部竹里が進み出て、
 「全く其の通りですよ。諸君は未だ路田梨英と言う、新進画家の事を、御聞き及びが無いでしょうが、私の旧友で、此の絵は確かに彼の筆です。」

 もう疑いを容(いれ)る余地が無い。甲紳士は唯だ、
 「不思議」
と言うのみで、後は沈黙して了まった。
 他の紳士や貴婦人は、絵の事に爾(さ)ほど詳しく無い為に、梨英の筆法と江南の筆法とが何れほど似て居るか、何れほど違って居るか、別に確信するほどの眼力も無く、深くは怪しみもせずに此の場は治まった。

 是れより一同は食堂へ入って行くことと為ったが、蛭田江南は、網守子に向かい、
 「今夜はお陰で、近年に無い面白い想いを致しました。私は他に約束が有りますので、是で御免を蒙ります。」
と何気無い口調で言い、食堂へは入らずに去った。


次(九十二)へ

a:110 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花