巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume92

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (九十二) 只は起きぬ

 江南は別れを告げて去るに臨み、廊下で柳本小笛嬢に逢った。
 直ぐに小声で嬢に向かい、
 「貴女は芸術家の徳義を知りません。私へ売った詩稿を、私の発表しない前に、他の人へ示すとは、職業上の作法に背きます。此の様な事はお互いの為に成りませんから、以後はお慎み成さい。」

 道理ある言葉の様に感じて、小笛は少し赤面した。けれど江南は、余ほど気が迫(せ)いて居る様子で、唯この様に言ったのみで立ち去った。
 是で見ても、如何に彼の心の中が苛立(いらだ)って居るかが分かる。

 成るほど売った原稿をば、其の買主が発表しない前に、他の同業者へ示すのは、文士の徳義に欠けるかも知れぬ。けれど同業者へ示すのでは無く、小笛が網守子に示した様に、友誼上自分の親友へ示すのは、別に徳義に欠ける所は無い。たとえ有るとした所で、他人の著作へ、自分の名を署し、自分の作品として世に示すほどは、徳義に背かないのでは無いだろうか。大きな不徳義をする人が、小さな不徳義を責めるとは、随分得手勝手な者である。

 それは扨(さ)て置き、此の家を出るやいなや、江南は直ちに車を、我雑誌の印刷所へ飛ばした。
今まで夜中に印刷所へ行ったことの無い男である。けれど今夜の中に、次号の「新芸術」へ出る小笛嬢の詩を、何うかして置かなければ、来たる土曜日に、自分の詩盗人と言うことが暴露する。彼は種々様々に頭を悩ましている。

 幸い印刷所は夜業をして居た。彼は印刷担当人に逢い、原稿に在る自分の名前を消して、小笛嬢の名に書き改め、更に下の様な説明を書き入れた。
 「此の詩は寒村網守嬢が、自ら催した試演会にて、独唱せられた者であるが、聞く人は多く余の詩風に似ていると評した。余は評する人の眼力に敬服すると共に、今まで永い間、余が此の作者に加えた教えが、空しく無かったことを喜ぶものだ。

 作者柳本小笛嬢は、忠実に余の詩を学んだ結果、終に余の作と誤られるまでの域に上達した。是れは決して余が教訓の宜しきを得たるが為に非ず。全く作者の天才の然らしめる所である。

 此の作者に同情し、此の作者を、世に紹介しようとする、寒村網守嬢の美しい親切は、余自ら作者に代わって、深く感謝したいと欲す。余は網守嬢に敬意と感謝の意を表する為に、特に此の詩を、常に余の詩を載する、此の欄内に掲げたものだ。是れは余の大なる喜びである。」

 転んでも只は起きない本性が、此の一事にも現れた。


次(九十三)へ

a:107 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花