巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume95

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.5

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:


         (九十五) 細工は流々

 蛭田江南の考えでは、網守子が路田梨英を知って居るとしても、梨英の画が、この江南の画だとは知らないだろう。同じく柳本小笛を知って居るとしても、嬢の詩がこの江南の詩だとは知るまい。其の様な事は、梨英でも小笛嬢でも堅く秘密を守り、少しも網守子へ知らさなかったのに、網守子が自分で気が附いたのである。

 けれど、江南は網守子が、そこまで気が附いて居るとは思わず、昨夜の事を、単に偶然だと信じている。何も網守子が故意に自分へ当擦りなどする謂われが無い。
 彼は添子に答えた。

 「和女(そなた)は女だけに神経質だ。色々に邪推するのだ。なに、網守子は此の頃大変私へ親切だよ。先達(だ)っても様々に私を引き留め、自分の絵を直して呉れなどと、頼んだでは無いか。」

 添「其れにしても今日縁談を申し込むのは無益ですよ。」
 江「イヤ、一日も空しく延ばす事は出来ない。」
 添「断られても構わないならば、申し込んで御覧なさい。今日網守子は、国民美術院へ行って居ますから。」

 「オオ国民美術院なら丁度良い。彼所(あそこ)は、朝の間は極々静かで、何の様な密話でも、出来る様な廊下がある。」
 添「貴方は丁度、芝居の悪方を勤めるのですねえ。妻にする心も無いのに、縁談を申し込んで、一月なり二月なり自分の信用を高くして、其れで直ぐに振り捨ててしまう。

 その様な目的が真に達せられるなら、私は決して賛成はしませんけれど、断られるに極まって居ますから、私は安心して網守子の居所を、教えて上げるのです。」
 江「何でも好い、細工は流々だ。」
と云って立ち上がった。

 添子は更に注意を与える様に、
 「ですが網守子は、貴方の思うよりも十倍も二十倍も賢い女ですよ。貴方が知らないだろうと思う事でも、良く知って居るのですよ。」
 江「細工は流々、細工は流々。」
こう言捨てて江南は立ち去った。

 彼は其の足で、直ぐに国民美術院を指して急いだが、併し今云う添子の言葉が、妙に気に掛かり出した。果たして網守子は、画の事や詩の事にまで、何か気が附いて居るのだろうか。真逆(まさか)に昨夜の事を、自分へ当て付けたとは思われ無いけれど、其れにしても、梨英を知り、小笛を知って居ては、此の身に取って実に危険である。

 特にあの通り、段々交際の範囲も広くなり、小笛や阿一を世間に紹介する様では、此の後何の様な事で、秘密の奥底まで見抜かないとも限ら無い。
 若しも此の身の名誉に、破れ目が有るとすれば、其の破れ目は全く網守子の方面から来るのだ。

 そうすれば、益々以て、早く網守子を我妻にし、危険の口を塞がなければ成らない。此の為には添子を振り捨てても構わない、などと思案した。


次(九十六)へ

a:108 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花