巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume98

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (九十八) 私へ縁談

 頓(やが)て江南の言葉は、殆ど急転直下と云う程の、驚くべき速度を以て、目的の点に進んだ。
 「私は此の通り、芸術に於いては、絵画にも、詩歌にも、文芸にも成功を得て居ますけれど、今一つ心の中に燃えて居る大目的が有りまして、其れで貴女に訴えるのです。」
 網守子は、今まで如何に嘲(あざけ)っても、此の鉄面の男には、一つも嘲りが嘲りとしては通ぜず、却って悉く褒め言葉の様に取られて了(しま)うので、今度こそは、是でもかと言うほどに冷笑して、

 「貴方の目的は、総て他人に訴えてお達し成さると見えますねえ。」
 全く骨に砭(はり)する様な痛い言葉である。けれど江南は平気で、
 「ハイ、是のみは、貴女に訴えて貴方の御承諾を得なければ、如何ともすることが出来ません。既に貴女は唯今も仰る通り、良く私を御存知で、貴女と私の間に、友人関係が出来て居ますけれど、私は最早や、友人関係だけに満足が出来ないことと為りました。」
 網守子の顔は次第に曇って、今は初鳥添子が驚いた時の様に、柳の眉が逆立ち始めた。

 「お待ち成さい。蛭田さん、貴方と友人関係などと、私は嘗て貴方を友人と思った事は有りません。」
 江「其れは爾(そう)です。貴女の方では、師とも先輩とも仰いで下さるけれど、私は其れに満足が出来ず、今日改めて縁談を申し込みに参りました。」

 網「エ、エ、縁談?私へ縁談?其れは何の事です。」
 江「ハイ、何うか此の江南の妻に成って下さる様に。」
 網「貴方の妻には成れません。」
 江「爾う謙遜な事のみ仰らずにーーー。」

 網守子は、今まで殆どポルキュパインと云う針鼠の様に、出来るだけの莉々(とげとげ)を現わして居たが、其の莉々(とげとげ)が一つも此の男には利かないのを見て、全く堪忍袋の緒が切れた。殆ど猛然として立ち上がり、

 「私は、貴方の事を知って居ると申したでは有りませんか。貴方の事を知って居る者が、何うして貴方の妻に成れましょう。」
 江「知って居るからこそ、妻に成れるでは有りませんか。」
 網「私が知って居ると云うのは、貴方の一切の詐欺生活を知って居るのです。貴方の絵画も、貴方の詩も、総て自分の力では無く、他人を詐欺して得たのです。其の上に貴方は、戯曲をまで詐欺する積りで有ったのでは有りませんか。妻をまで、詐欺で得ようと為さるのですか。」

 是には江南も驚かざるを得ない。
 彼は、昨夜の事を総て偶然の出来事と見て、真逆(まさか)に網守子が、事の奥底までは知っては居ないだろうと思い、初鳥添子から警戒を与へられても、単に其れを聞き流して居た。けれど今は、此の網守子が、深い秘密の底までも知って居ることが分かった。昨夜の事も、偶然では無く、自分を攻める為の催しであったと分かった。


次(九十九)へ

a:106 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花