巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune105

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  百五

 朦朧(もうろう)として枕辺に現れ立つ幽霊の様な人影、何処からこの獄舎に入って来たのだろう。更に其の者、非常に微(かす)かな声を発し、
 「園枝、園枝」
と呼ぶに至っては唯恐ろしさに、園枝は全身に水を浴びた様に震いすくみ、上げた首を忽(たちま)ち腕組みの中に埋め、また仰(あお)ぎ見る事は出来なかった。

 其の間に此の怪しい人影は、園枝の身の近く近く寄って来て跪(ひざまづ」)き、何やら携(たずさ)え持つ小道具を、手先で振り回すと、其の小道具の一方から、パッと光明(ひかり)を発し、一時に獄舎の闇を照らした。これは泥棒などの携え持つ、忍び提灯の一種で、蓋(ふた)を閉じれば闇となり、開ければ忽ち光りを放つ物である。

 この様な品物を用意しているからは、闇に徘徊(さまよ)う幽霊では無く、闇には一歩も徘徊(さまよ)う事が出来ない活(い)きた人間の曲者であることを知る。曲者は俯向(うつむ)いている園枝の姿を、灯明に照らして、つくづくと打ち眺め、

 「オオ可哀相に長く牢屋に繋(つな)がれる為とは言え、見る影もなく衰えた。コレ園枝、何も恐ろしいものじゃ無い。此の声で分かって居るだろう。久しく逢わない和女(そなた)の父だ。コレ、顔を上げて呉れ。父だ、古松だ。」

 父とは云えど父ではない。幼い頃から我が身を不義非道に引き入れようとし、折檻し、打擲(ちょうちゃく)し、無理やりに父よ父よと呼ばせた人非人、汝(なんじ)の振る舞いの穢(けがら)わしさに、汝の家から逃げ去って、今は何の縁も無いのに、まだ自ら父と称し、獄屋の中にまで我が身を追って来たのか、否(いや)これは恐ろしい夢の続きに違いない。我が身はまだ夢から覚めないのか---。

 園枝は自ら訝(いぶか)って、漸(ようや)く腕組みを解き、其の中から上げて来る顔の面に、眩(まば)ゆく、忍び提灯の光りが照らすのを見ると、実に是半年前まで常磐男爵夫人として、晴れ輝いた其の同じ面影とは思われない。久しく日の目を見ない獄中の人の顔は、何(ど)れも多少は血の色を失って、青褪(あおざ)めて見えることは常であるが、特に園枝は、幾月か病の為生死の境を辿った後と云い、太く涼やかだった両の目は、瞼が窪み落ちたため、更に太く開いて見え、豊かだった頬も痩(や)せて、木枯らしに研ぎ出した、冬枯れの景色のように見え、唇頭(くちびる)に紅の色久しく消えて、口元に笑みの痕(あと)は全く絶え、気位の高い中に、非常にあどけなく見えていた、当時の姿は跡形もなかった。

 ただこの様な中にも、天のなせる麗質は病も奪うことは出来ないのか、一種俗界の煩(わずら)わしさを超脱(はなれ)た所がある。春の花の様に笑みしかりし美しさは、秋の霜の様な美しさとなり、ただ物凄いのを覚えるばかり。

 大胆不敵な古松も、此の物凄き美しさに向っては、昔ただ一口に非常に軽く呼び付けた様に、さう容易には口を開くことは出来なかった。暫(しば)し呆気に取られた様に、其の顔を凝視(うちみまも)るに、園枝は古松をつくづく見た末、非常に鋭い口調で、

 「お前は何のため此処へ来た。」
 古松は周章(あわて)て制し止め、
 「オオその様な高い声をして聞き咎められる。」
と云いながら、忍び提灯の蓋を閉じ、四辺(あたり)を元の朦朧(もうろう)たる薄暗がりにして、

 「牢番に賄賂を使い、和女(そなた)を救いに来たのだよ。」
 園枝は何人に聞き咎められるとも、我が身に恐れる所がないので、別に其の声を低くもせず、
 「私を救いに、オオ此の牢から盗み出して、昔の様に不義非道に酷(ひど)く使うために」
と充分の怒りを示して問い返すと、古松は憫(あわれ)みの声を粧(よそお)い、非常に親切そうに、

 「なんと言う事を言う。男爵夫人と云う立派な身分に有る和女(そなた)を酷使(こきつか)うなど、その様に粗末にして成る者か、和女が無実の疑いを受け、牢の中に留置かれるのが可哀相なので、其処はソレ親子の情で、知らない顔して居るのに忍びず、己(おれ)の心一つで無実も分り、放免せられるに極まって居るから、どうか助けて遣りたいと、危険な思いをして此の牢へ忍んで来たのだ。」

 園枝は是だけ聞いて、漸(ようや)くに我が身の境涯を思い出した。今までは夢覚めた途端と言い、不意に古松の顔を見た驚きに、殆ど何事も忘れて居たが、思えば我が身は、此の古松の為に捕われ、古松の罪を身に負って苦しめられて居たのだ。
 判事からも実に古松が捕われるまでは、何事を言い立てても無益であると云われていた。
 
 古松自ら現われて来たのは、天も我が不幸を憫れみ給いしかと、はや自ら気も進み、古松の口と心に、如何(どれ)ほどの相違があるかを、考え廻す暇もなく、
 「オオ、私は全くお前の罪でこの様な目に逢って居る。お前が私の罪を言い開いて呉れると云う、真人間の了見が出たとならば、私の為にもお前の為にも喜ばしい。けれどもナニ、私を救うのに、態々(わざわざ)牢に忍んで来るには及ばないこと、警察へ自首して出れば夫(それ)で済む。」

 古「爾(そう)サ、是から自首して出るよ。出るけれど其の前に一応和女(そなた)に話して置かなければ成らない事が有る。」
と云う。
 古松は何を言い出そうとするのだろう。


次 後編(百六)へ



a:182 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花