巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune11

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.4

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                十一

 この様な不義非道の振る舞いがあるとするれば、常磐男爵が立腹して勘当しようと決心したのも無理は無い。実に貴族には有るまじき、否、人間に有るまじき残忍酷薄の所業であって、人非人とも称すべき者だからだ。

 男爵は更にその決心を繰り返して、
 「是だけの所業があって、まだ私の甥で居られると思うなら、この上も無い間違いです。貴方の父であった私の弟は、陸軍士官として、インドの戦争に名誉ある討ち死にを遂げ、貴方の母はそれを苦に病み、間も無く私の屋敷で病死しましたが、二人共私へ頼むのは唯貴方の後々の事ばかりです。

 私はそれに免じて貴方を子の様に思い、今迄許される丈は許しましたが、最早堪忍が尽きました。今日以後は再びこの家へ足踏みをしないのは勿論、私の目の前へその顔を出さない様にして頂きましょう。エ、分りましたか。これからは何の縁も無く、覇絆(きづな)も無い、全くの他人ですよ。」
と重々しく言い渡され、流石悪人の永谷も、これより後の乞食同様な境遇が目の前に浮んで来て、殆ど憤懣遣る方なかった。

 「その様に仰っても、真実私をその様な目に合せるお積りでーーー。」
 男爵は頑として、
 「イヤ、面会は是で終りました。もう他人の貴方に言う事も聞く事も有りません。」
 永「夫れは余り邪険と云う者です。」
 男爵は耳さえも傾けず、知らない顔で、呼び鈴を押し鳴らし、入って来た下僕(しもべ)に向い、

 「戸を開けろ、そしてこの方を門の外までお送り申せ。」
 アア何ぞその仕向けの冷淡であることか。ここまで遇(あしら)われては、如何に悪人であっても、踏み止まる足場は無い。顔に恐ろしいほど立腹の色を浮べたけれど、如何にも仕様が無く、僅かにその腹の中で、

 「ここまで非道(ひど)い目に合せて、今に見ろ、きっと後悔する程にこの仇を復(かえ)し、この身代を俺の物にして見せる。」
と呟き呟き、泥棒狗(いぬ)の追い立てられる様に送られて立ち去ったのは、自業自得の報いとも云うべきか。

 後に男爵はホッと息し、
 「アア、中途で俺の決心が弛みもせず、言う丈の事を言い聞かせて仕舞ったのはまず好かった。」
と安心らしく独り言は吐いたものの、五十に近づき、身をもって子の様に育てた甥を捨て、何の快い筈があるだろう。

 思えば自分の後々は、後に譲るべき人も無く、何も目的(めあて)も無く、何を楽しみにしたらよいだろう。真に張り合いない心の淋しさに耐えられない。この様な時にこそ、生涯のの道連れである妻が有ったらと、空しく思ってみたが、今に及んでその甲斐は無い。

 再び呼び鈴を押し鳴らし。更に又、
 「マデイラ酒の口を抜いて持って来い。」
と命じ、頓(やが)て独酌で少しばかりのビスケットを肴とし、幾杯かを傾け終った頃、馬車の用意が出来たことを通じて来たので、唯一人の下僕を従えてここを出た。

 勿論鉄道の敷設まだ普(あまね)くは行き渡らない頃なので、是から駅駅で馬を次ぎ、夜の十時に至るまで、只管(ひたすら)に急がせたけれど、折りしも冬の半ばで、夜嵐は月を掠(かす)めて吹き渡り、馬車の中に座しているとは言え、其の寒さは耐え難かったので、漸く夜徹(よどお)し旅行の決心を翻(ひるが)えし、とある一市区の宿屋へと投じたが、

 固よりロンドンから常磐荘までの街道で、男爵の名を知ら無い宿は有る筈なく、直ちに二階の最上の室に案内せられ、夜深(よふけ)とは云え、充分の食事まで捧げられたが、物思う身には、食欲さえ常の様では無く、僅かに箸を着(つ)けたままで引き取らせ、その後で燃える暖炉(ストーブ)の前に椅子を移し、茫然として考えに沈み込み、給仕が来て、
 「お寝間に灯(あかり)を点(つ)けました。」
と注進したが聞き流し、殆ど何事も心に入らないままに、夜の更け行くのに任せて居た。

 やがて十二時にも近いだろうと思われる頃に、何処からか、微(かす)かにたなびき来る歌の声が有った。思い沈む男爵の耳には、空谷の足音と云うよりも更に爽やかに聞こえて、身はふらりとして軽く上がり、魂魄も浮ぶような心地がするので、各国の音楽を飽くほど聞いた男爵も、我知らず耳を澄ますと、声は確かに年まだ若い女の声で、多分は乞食の類で、寒さに震えて絶え絶えに、我が窓の下の辺で唱(うた)っているようだった。

 歌はこの辺で昔から子供が唱(うた)う「捨小舟」の曲で、聞く程の物ではないが、唯その声の優しくして、非常に妙なるは、殆ど人間の咽(のど)から出るとは思われず、男爵は知らず知らず深く心を動かして、

 「アア、何処の少女か、可哀相に、もう通例の乞食なら、貰い溜めて、安宿に寝て居る刻限なのに、それにしてもアノ声は、少し音楽の教師に就けば、イタリアの大音楽会に上せても、楽壇の女王と崇められる程の声だ。真に可哀相と云うのはこの様な女を云うのだナア。」
と呟きながら浮き浮きと立って窓際に寄って行った。


次(十二)へ

a:306 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花