巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune111

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  百十一

 男爵はこの様に心淋しさに堪えられず、友欲しく思うようになっていた時に、この瑞西(スイス)の山中に来た。前から親しくしていた小浪嬢が、自分より先に此の土地に逗留しているのに逢ったので、是で我が憂さも忘れることが出来るかと、大いに喜ぶ事は喜んだが、心の底に深く刻み込まれた創(きず)の傷(いた)みは、そう簡単に消え尽す筈は無い。

 半年程も鬱(ふさ)ぎに鬱いで、陰気な性となっていたので、以前の様に口も軽くは開く事が出来ず、万事唯湿り勝ちに沈み込んでいたが、其の中に、小浪嬢は日に何度も尋ねて来て、他人の身として、及ぶだけの親切を尽くすばかりでなく、身動きも出来ない彼の小部石(コブストン)大佐の病室にも入り、看護婦も及ばない程に労わりなどし、殆ど病人の介抱を、何よりの楽しみとして居るのではないかと疑われる程だったので、男爵も追々に感心し、

 彼の嬢は唯交際に長けているだけかと思っていたのに、世の婦人には珍しいくらい、慈悲の心にも富んで居たので、今迄は慈悲を現すべき境遇に出会わなかった為、其の心も人に知られなかったものに違いないと思ったが、独り怪しいのは、小部石大佐が非常に小浪嬢を忌み嫌う様な様子がある一事である。

 大佐は口もきかず手足をも動かすことが出来なかったが、嬢の来るのを見るや、目に非常に不興気な色を現し、嬢の去るまで其の心は解けないようだったので、或時男爵は大佐に向い、
 「老友、お前は酷く小浪嬢を嫌うのか。」
と問うと、大佐は眼を動かして、「然り」の意を示した。

 更に、
 「それでは成る丈お前の傍へは近づけない様にしようか。」
と問うと、
 「最も然り」
と云わないばかりに、前よりも更に速やかに眼を動かした。

 因(もと)より眼の動き方だけで、細かい心は示すことは出来なかったが、
 「否」
と云い、
 「然り」
と云うだけの区別は充分に良く分り、特に男爵は、長く大佐の枕元に付いて居て、其の眼の色を読むのに慣れていた上、大佐も厚い介抱に幾分か力を得、目使いだけでも、非常に敏速になったことが明らかになったので、医師も此の調子なら、薬の力よりも月日の功で、自然に良い方に回復して行くだろうと云い、更に此後三、五年の保養で、若し不意に心を激動する様な事にでも出会ったならば、身体器官の動きが、急に回復する見込みは益々大きくなるだろうととまで云った。

 この様な次第なので、男爵は大佐の意を知り、其の後は、成る丈
嬢を大佐の部屋へは、入れない事としたけれど、だからと言って嬢が尋ねて来るのを、拒む訳には行かなかった。況(ま)して旅は道連れと言って、良く語り、良く人を慰める道連れなので、男爵は嬢の為、大いに心の淋しさを忘れる思いがし、日によっては、嬢と一時間以上も、種々の話に時を移す事すらあった。

 かつて嬢が我が家に客だった頃は、大勢の客の中で、嬢一人に目を注ぐ事は無かったが、この様に差し向かい同様の場合と為り、外に心惹かれる人も無く、唯嬢だけを見ると、其の器量と其の心に、今迄現われなかった美しい所が、追々現われて来る様な気がして、一日は一日より親しみを増し、何時の間にか、これほど万端の揃った令嬢が、今迄我が心に止まらなかったのは何故だろうと、自ら怪しむ迄に至ったのは真に是は何故だろう。
 誠に苦々しい成り行きと云わなければならない。

 しかしながら男爵は既に、女には容易に心を許し難いのを、知り過ぎるほど知り抜いた後なので、更に自らを誡めて、我が心が動けば動く丈益々慎み、一度は嬢に向って、殆ど余所余所しい迄に、厳かに身を持つ事となったが、又思えば、嬢こそは英国軍人の家族にして、其の素性に一点の疑いも無い。
 清き友人として打解けて交わるのに、何の不都合が有るだろうか。自ら用心する丈では、まだ悟りが足りないのだ。

 我が心に痴情の心配さえ無ければ、誰と交わるのも同じ事だと、この様に思い返したのが迷いの路で、是からは唯嬢の来るのを拒まないばかりか、時々自分から嬢の宿を尋ねて行く事も有り、或は相携いて、夜の景色に散歩するなど、知らず知らずの間、自ら危うきを悟る事が出来ない程の、危うい所迄踏み込み、嬢の傍を離れては、何やら物足りない心地がして、遂には食後食後に嬢の手から、一椀の珈琲(コーヒー)を受け取って飲むのが、他人の手から受け取って飲むより、遥かに味が好いと思うに至った。

 そうは云っても、男爵の様に、一旦全身の愛情を一人の女に注ぎ尽した人は、再び始めの様に、前後の思慮も無く、熱心な愛情を起し得るものでは無い。愛の中に、まだ冷ややかな分別がある。
 或時男爵は例(いつ)もの様に、嬢の宿に行こうとして、忽ち自ら怪しみ、今迄暇さえ有れば、大佐の枕許にばかり詰て居た我が身が、何が為に大佐の病室を離れ、この様に小浪嬢の許に足を向けるのだろうと心に問うた。

 是れは愛の為か、愛の為では無いか。男爵は心の中に、否、断じて愛の為では無いと答えたが、だからと云って、其の足を踏み返えそうともしなかった。若しこの様に親密に交わる為、両人の間に愛情の起こる事が有れば、先も独身同様であり、夫婦と為って其の愛に実を結ばせる丈の事だと、非常に軽く解釈して、嬢の宿に歩み入った。

 既にこの様な事を思うこと自体が、愛情の境に入りたるものにして、唯園枝に対した愛情ほど、濃(こま)やかではないとは云え、茲(ここ)まで熟して来て、実を結ばずに止む例(ため)しが、何処にあっただろうか。


次 後編(百十二)へ



a:160 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花