巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune113

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.14

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  百十三  

 男爵は我が顔が、何(ど)の様に変わったのかと、鏡に対して照らして見ると、我が顔は依然として我が顔で、見違えると云う程ではなかったが、眉目の辺りに非常に、勢いの衰えた所があった。又頬の肉などは余ほど落ちていた。

 是だけならば深く驚くにも足りないが、唯男爵が驚いたのは、顔の色合いである。幾月の旅に焦げて、日頃よりは黒くなって居る筈なのに、黒い中に薄気味の悪いほど、青白い所がある。何処ともなく死に顔の相を現していた。給仕の怪しみも尤(もっと)も、大佐の嘆くのも道理である。

 アア我が身は五十歳にして、早や既に余命少ない人と為り、死際に近付いたのか。
 唯時々咽喉(のど)に火の燃える様な乾きを覚え、食欲が自然に減ずる丈の事なので、低度の熱病とばかり思って居たが、之が命取りの病だったかと、実に驚くことと言ったら並大抵ではなかった。

 それにしても朝な夕な、我が顔に眼を注ぎ、我が少しの顔色をも読み取って、只管我が心に副(そ)おうとする小浪嬢が、我が顔が、これ程迄衰えたのに、気付かなかったのは何故だろう。気付いても、我が心配を察し、故(わざ)と言い出さずに控えて居るのだろうか。

 何はともあれ、早速医師の診察を乞おうと、先ず宿の者に問い合わすと、丁度好都合な事に、予(か)ねて男爵と一、二度顔を合わした事がある、英国の有名な医家で、西泉博士と云う人が、此の頃程遠くない隣村の、或宿屋に来て逗留しているとの事なので、男爵は直ちに其の西和泉博士の宿に行き、博士に逢って咽喉の乾きから、食欲の減った事、顔色が非常に悪くなった事等、我が容態を詳しく述べ、終わりに及んで、

 「実に自分では、それ程までの病気とも思いませんでしたが、傍に居る者どもが、心配致しますので、念の為の診察を乞うのです。」
と云うと、博士は非常に満足の様子で、
 「イヤ、早くお気が附いて幸いでした。今の中なら未だ手遅れと言う訳でも有りません。」
と答えた。

 男「随分危険な病症でしょうか。」
 医「イヤ危険ーーと云う程でもーー未だ有りませんが、何様異様な兆候ですよ。私共が研究の好い材料として、最も力を入れる種類です。」
と博士は述べて、更に男爵に向って、事細かに問い始め、

 「日々の食事は勿論、給仕する者は何者であるか。茶、酒のような飲み物は、如何なる人が持って来るのか、共に卓子(テーブル)に列なって食事する人は、皆気心の許される人であるかなど、容態には少しも関係の無い事迄、根掘り問うので、男爵は殆ど五月蝿(うるさ)いとまでに思ったが、唯此の医学博士の平生の名誉に免じ、問うが儘(まま)に答えた。医学博士は最後に、

 「今日はまだ、私の意見を充分に述べ兼ねる所も有りますが、兎に角、五日の後、再びお出でなさい。夫(それ)までに服用すべき薬の処方書きを上げますから。」
と云い、一枚の処方箋を授けられたので、男爵は礼を述べて帰ったが、思えば我が病は、医師の口から有りのままに言い難いほど、重い所があるのに相違無い。

 併し今の中ならば、まだ手後(ておく)れでは無いと云ったのが、何より気丈夫なので、男爵は其の言葉を力とし、授かった処方の通りに、薬を服する事五日目に及んだが、我が病は未だ軽くなったとは思われない。咽喉の乾き方などは、幾分か激しさを加えた程なので、五日目に再び博士を訪(おとな)うと、博士は前よりもなお細かに問い掛けた末、非常に重大な面持ちで、

 「貴方の仰(おっしゃ)る兆候は甚(はなは)だ不愉快な性質です。」
 男爵は驚いて、
 「エ、不愉快とは危篤と仰(おっしゃ)る心ですか。」
 博「イヤ危篤よりも寧(むし)ろ奇怪です。神経質な患者ならば私は決して当人には、打ち明けては言いませんが、貴方が気丈な方ですから、私の思うが儘(まま)をお聞かせ申しましょうか。」

 男爵は此の言い回しに益々驚き、殆ど恐ろしいほどに思ったが、今は背水の陣を布(し)いた心で、断固として、
 「ハイ、そう仰られては、なおさら聞かなければなりません。決して神経は痛めませんから、安心して仰って頂きましょう。」

 医「ですがどれ程の勇者でも、直接聞けば、震え上がる様な恐ろしい事柄ですが。」
 男「アア分りました、到底不治の病として、医師が投げ捨てる様な病に、私が罹って居ると仰るのでしょう。」
 博士はまだ言い兼ねてか、言葉を迂(ま)わし、
 「イイエ、貴方の身体は極めて強壮な組織です。少しも病の気は有りません。他人が密(ひそか)に妨げさえしなければ、充分に九十歳以上までも生きられる性質です。」

 男「エエ、他人が密に妨げるとは、」
 博「それが今の場合です。誰か密に貴方の長寿を妨げて居るのです。」
 男「私には未だ分りませんが。」
 博「イヤ誰か、毎日一滴づつ、貴方に極めて微妙な毒薬を飲ませて居ます。貴方は自分で気が付かずに、効き目の遅い毒薬を飲まされて、ハイ殆ど嬲(なぶ)り殺しとも言う様に、少しづつ毒殺され掛かって居るのです。」


次 後編(百十四)へ



a:141 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花