巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune114

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                 百十四

 「アア我が身は何人にか少しづつ毒殺せられつつあるか。」
男爵は余りの驚きに声も出ず、
 「エ、エ、遅き毒薬」
 殆ど聞き取れないほど微(わず)かに打ち叫び、青い顔をなお一際青くして、椅子の上に沈み込んだが、ややあって、
 「その様な事は有りません。誰も私を毒殺する者は有りません。」
と云った。しかしながら博士は返事をせず、唯男爵の心が静まるのを待つのみ。

 男「博士、博士、日頃の貴方の診断に少しも過ちのない事は確く信じて居りますが、此の度ばかりはお見立て違いでしょう。」
 博士は始めて口を開き、
 「ハイ、私もどうか見立て違いで有れば好いがと、自分で様々心配致しましたが、悲しい哉、見立て違いで有りません。ハイ、此の度ばかりは決して見立て違いでは有りません。私の目には明々白々です。今まで医学社会に知られている疾病で、この様な兆候を現す者は一つも有りません。どう診察しても全く毒薬の結果で、即ち貴方は近世の最も進歩した毒薬学者の調整した、最も微妙な毒薬を以って殺され掛けて居るのです。」

 毒薬と云う事は、男爵の身には初めてではない。男爵は博士の言葉を信じたくないと欲するが、それは出来ない。
 「シテ其の毒薬の性質は分かっていますか。」

 博「ハイほぼ推量が出来ないでも有りませんが、詳しくは分りません。唯其の極めて微妙に調合したものと云う丈は、其の毒が貴方の身体に入って働いて居る力の程度で分って居ます。毒殺者は必ず、毎日貴方の傍に接近している者の中に居て、日々僅かに一滴づつ其の毒を、食物又は飲料の中に垂らして、貴方へ勧めて居るのに相違有りません。」

 何という恐ろしい事柄ではないか、我が身辺に附き添っている人の中に、我を殺そうとする者があるとは。男爵は心の静まるに従って愈々(いよいよ)恐ろしく、殆ど身を震わせながら、
 「然し日々私へ接近する人の中には、決してその様な者は有りませんが。」

 博「イエ、なければ此の兆候、此の結果は現われません。貴方は未だ、「ニュー・ゲート・カレンダー」の報告に出て居る毒殺の例を読んだ事は有りませんか。毒殺者は常に其の人の最も信任し、最も安心して居る人に在ります。多年忠僕と思われて居たのが、主人を毒害するのもあり、妻にして其の良人(おっと)を毒殺するのも在ります。」

 「妻にして良人を毒殺する。」
との一語に男爵は最も痛、最も切に、園枝の事を思い出し、目を丸くして、呼吸(いき)も世話しく喘(あえ)ぐのみ。
 博士は騒がず、
 「私の申す迄も無く、貴方は既に其の辺に経験がお有りなさるでしょう。毒殺者がどの様な所に居るか、決して油断は出来ません。」
と云い足した。

 是も明らかに園枝の例を引くものなので、男爵は唯一言、
 「分りました。」
と言い切って再び無言に沈んだが、此の時忽(たちま)ちにして、男爵の心に針の様に差込んで来るのは、園枝の無罪と云う一念である。

 我を毒殺しようと謀る者は、園枝の外に在る事は無いとは、男爵が今迄思い詰めていた所にして、それが為に、園枝を離縁し、獄にまで下したのだ。今に及んでも、又我を毒殺しようとする者が有るとすれば、前の毒害は兎に角も、この度の毒害丈は、勿論園枝でない事は明らかで、之を思えば、真の加害者は、初めから園枝の外に在る。其の時から今に至る迄、引き続き我が信用を得て、我が辺りに附き纏(まと)って居るのに相違ない。

 初めは我を一思いに殺そうとし、其の目的が外れた為、今度は手を替え、徐々(そろそろ)と殺す積りに違いない。園枝の外に罪人があるのに、我は厳しく園枝を疑い、既に獄舎にまで投じた今となり、我が過ちを如何にしたらよいのだろうと、男爵は万感胸に集まって、居(い)ても起(たって)も居られない程の有様だったが、漸(ようや)くにして又口を開き、

 「貴方は昨年中、私の家に起こった毒害事件を、勿論お聞き及びで有りましょうが、其の時の毒薬の性質をご存知ですか。」
 博「ハイ、其の用い残りを分析した結果だけを聞きました。何人が調合したかは知りませんが、何しろ充分の学力ある人が、経験に経験を重ねて、製し上げたものに違いないと、其の微妙な製法に学者社会では舌を巻きました。」

 男爵は殆ど恐る恐る、
 「今私が一滴づつ飲まされて居ると云う毒薬と、昨年の其の毒薬とは、性質が違って居ましょうか。」
 博「ハイ、確かにそうと断言は出来ませんが、私の見た所では、全く同じ毒薬だと思われます。」
 さてこそ、さてこそ、昨年我を毒害しようとした者が、今もなお我が身辺に附き纏(まと)って居る。憎さも憎し、我が一生を過(あやま)らせた者、総て其の仕業なりと、男爵は今更の様に心から怒り、博士に向い、
 「イヤ、私が其の毒薬使用者を捕え、毒薬の本体を貴方のお目に掛けるのは近日の中に在ります。」
と言い切って立ち去った。


次 後編(百十五)へ



a:152 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花