巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune117

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.18

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  百十七

 男爵は一月の後、聖レオナードに着き、予(かね)て定宿としている家に投じ、旅装を解くと、当時は丁度海水浴と云う事の流行が始まった頃で、宿屋は殊の外雑踏し、充分手も廻らないと見え、待遇(あしらい)も、是まで幾度か来た時程篤(あつ)くない。それでなくても腹立たしい事ばかり打ち続いて、気が苛立(いらだ)っている男爵なので、厳しく帳場の者を呼び寄せ、此の宿に我を待ち受けている婦人がある筈だがと詰(なじ)ると、帳場の者は初めて思い出した様に、其の婦人は此の宿から、もっと静かな家を好むと言い、貴方様がご到着次第に、御渡し申して呉れと、一通の手紙を残して去ったと答えた。

 さては小浪嬢、我に対して陰謀を企(たくら)む身だけに、我が定宿に永く留まるを都合悪く思い、人目の少ない、他の家に移ったかと、是さえ胸障りの種となり、早く其の手紙を持って来いと、叱り附けて取り寄せながら、封切って読み下すと、其の文句は短かいけれど、流石多年の手練だけに、恋人同士の非常に切なる想いを、言葉巧みに書き現し、

 「御身に別れて以来、海浜の変化多い風色も目に留まらず、明け暮れに瑞西(スイス)の空を眺めて、待ち侘(わ)びるばかりです。」
などと記し、更に、
 「この様な混雑の宿屋では、充分御身の保養とはならないに違いないと考え、静かな家を借り、二人の幸福を邪魔する者のない様に、用意して待ち受けます。」
などと認めてあった。

 男爵は嬢と別れて以来、毒薬の兆候は全く消え、心身共に日頃の健康に復したので、今は我にたいする毒薬行使の本人が、小浪嬢であることを事充分に確信して、寸分も迷うことはない。此の手紙を其の儘(まま)裂(さ)き捨て、直ちに嬢の許へ、今着いた旨の使いを発し、其の身はその後から二十分ほどを経て、嬢が許(もと)を指して行った。

 今日こそは、昨年以来我が身に付き纏(まと)う災いの因(もと)を究め、園枝に対する疑いの真偽をも突き留める時であると思うので、心自ら躍り騒いで、戦場に臨む様な気がするのを、強いて推し鎮め、踏む足も非常に確かに歩んで行くと、嬢は此の頃雇った一人の腰元を引き連れて、宛も幼い頃から、供無しには外出したことは無いと云う程の容態で、家の外まで出迎え、男爵の顔を見て喜ぶことと言ったら、並み大抵ではなかった。

 此の喜びだけは満更偽りだけでは無く、先ず心情から発するものと見て、男爵は喜ぶままに喜ばせ、迎える儘(まま)に迎えられて家の内に入った。
 頓(やが)て、其の居間に入ると、嬢は腰元と共に男爵を手の掌(うち)に、丸め込むかと疑われる許りに待遇(もてな)して止まない。しかしながら、心に深い仔細を包む男爵は、兎角其の言葉の端に角を現し、我知らず嬢の耳障(ざわ)りとなる様な語を交えるのに、嬢は漸く気が附いて、

  「オヤ、貴方は未だご病気が充分には、お治り成さならないのですか。」
と問う。男爵は十二分に苦々しい口調で、
 「イヤ、貴女が出発してからは、お蔭で、イヤお蔭でと云う事もないが、次第に快く癒(い)えました。此の顔色でも分かっていましょう。」
と答えた。
 嬢は何気なく聞き流して、
 「オヤ、未だ、毎(いつ)も貴方のお好みなさるお茶も上げていませんでした。」
と云い、手づから例の恐ろしいコップを取り出して、注いで差し出した。

 男爵は此の茶こそ、中に微(ひそ)かな毒薬を混ぜ隠し、我を一寸づつ嬲(なぶ)り殺しにする、命取りの飲料(のみもの)だと予(か)ねて知っているので、今もまだ嬢が毒薬の行使を怠らないのかと、身の震える程恐ろしく又腹立たしく、自ら平気に構えようとしたが、平気でいることは出来なかった。咽喉に詰まるほど涸れ乾(かわ)いた声で、先の別れる前夜に云ったのと同じく、

 「イヤ、今日はお茶を飲まないことにします。」
と云うと、二度までも同じ異様な言い振りに、嬢も聞き咎めない訳けには行かなかった。
 「オヤ、貴方は妙に仰(おっしゃ)います。どう云う訳で、此の茶が飲まれない様に仰りますか。」
と口だけは強く云い出たけれど、心に幾分か咎める所があるので、何と無く恐れを帯び、其の顔さえ赤くした。

 男爵は心弱くては叶わない場合と、殆ど必死の勇を集め、
 「ハイ、私が此のお茶を飲まない仔細は、聞く人の無い時に申しましょう。今直ぐに聞き度いと言うならば、腰元をお退け下さい。」
と言葉は愈々(いよいよ)角立つので、腰元は嬢からの目配せを待つまでもなく、極まり悪るそうに、次の間に立ち去った。

 後に男爵も小浪嬢も少しの間無言だった。嬢の顔は火よりも赤く、男爵の顔は死人の色よりも青い。正に是れ狂風怒涛が起ころうとして、一天先ず墨の様に曇り、唯人を圧殺するほど静かな光景と同じではないだろうか。


次 後編(百十八)へ



a:157 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花