巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune118

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

              百十八

 実に男爵は土より青く、小浪嬢は火より赤く、互いに暫(しばら)くの間無言で睨(にら)み合うばかりだったが、其のうちに男爵は決然として息を呑み込み、非常に厳かな口調で、
 「小浪嬢、私が何故其の茶を飲まないか、其の理由を詳しく言いましょうか、云えば貴女は恥辱の底に陥(おちい)り、再び世間に顔を出す事の出来ない程にも立ち到ることは、御自分でご存知でしょう。それとも私が云う迄もなく、貴女が自ら自分の罪を知って居ると云うならば、私は強いて辛い言葉を並べ度くは有りません。何にも云わずに立ち去ります。」
と男爵は漸(ようや)く是だけを言い切った。

 最初此処に来た決心は、唯一言に問い詰めて、何も彼も白状させようと云うところにあったけれど、顔と顔を合わせては、真逆(まさか)にそう迄も言うことが出来ないのか、小浪嬢は是だけ聞き、さては皮林から受け取って、日々一滴づつ茶に混(こん)じて男爵に勧めていた彼の魔薬の事、何かの便りで、男爵に知られたかと、心に驚いた事は並大抵ではなかったが、嬢はまだ彼の魔薬が、命を取る様な毒薬であるとは露思わず、男爵が言う程に、其の身の罪が重いのを知らず、其の恥かしさと当惑に殆ど答える事が出来なかった。

 赤い顔を更に一層赤くしたが、事茲(ここ)に到っては、何も彼も否定して、全く知らない全く知らないを張り通すほかは無いと思い定め、其の自由自在な顔の色を、忽ち平気に落ち着けて、
 「オヤ、貴方は何を仰る。何の事だか私には少しも分りませんが、」
と答えた。

 男爵は此の間に、事細かに嬢の顔色を眺め、其の当惑から平気に移るのが容易なる様をも見、又此の言葉を聞き、声の何処かに、真情ならない偽りの節があるのを思い、今迄幾らか遅れを取って居た心に、嚇(か)っと張り裂けるばかりの怒りを発し、己(おの)れ、まだ我を欺くのかと云わない許(ばか)りの剣幕で、目を張り開き、恐ろしい程の相の変わった其の顔を、嬢の前に差し付けて、

 「エ、私の言葉が分らない、貴女は詐欺師です。偽り者です。毒婦です。今まで貴女を二度目の妻にもしたい程深く信じて居ましたが、貴女の化けの皮は剝げました。もう決してその様な言葉に欺(あざむ)かれません。何もかも知って居ます。ハイ何も彼も、何も彼も」
 此の余りに鋭い剣幕に、嬢は又自ら怪しみ、

 「何も彼(かも)とは何の事です。」
 男「ハイ、貴女の罪を何も彼も、ハイ貴女の根性の腐ったことと、貴女の心の偽りを残らず知って仕舞いました。何故強情にそう恍(とぼ)けて居ます。サア白状なさい。切(せ)めては後悔の色でもお現しなさい。」

 嬢はこれ程までに云われる筈は無いと、益々以って合点が行かず、
 「オオ恐ろしい、貴方は病気の為に、気でも違いましたか。アアそうです。如何したら好いでしょう。先(ま)ア男爵が発狂なさった。」
と独言(ひとりごと)の様に云うのも無理は無い。発狂したのでなければ、これ程までに云う筈は無いと思うからだ。

 男「貴女は自分の言い開きが立たない為に、人を発狂などと強(し)いるのです。」
 嬢「でも貴方の仰る事は何のことだか、少しも私に判然(わか)ません。」
 男「判然(わか)らない事は無い。既に充分に判然(わか)る様に言いました。」
 嬢「イイエ、後悔しろの、白状しろのと、私に何の後悔する程の罪が有ります。何の白状する様な悪事が有ります。」

 男爵はむっくと立って身を延ばし、嬢の頭上に傘の様に懸かって、
 「何の罪、何の悪事とは又余り空々しい。人間の罪の中で、この上のない大罪です。ハイ人殺しと云う大罪です。」
 嬢「エ、エ、私が人殺し。」
 男「勿論です。人殺しも通例の謀殺者や暗殺者より、倍も幾倍も重いのです。言葉巧みに他人を迷わし、親切と見せて油断させ、そうして置いて一寸づつ嬲(なぶ)り殺しにするのです。ハイ、秘密毒害と云う、極悪非道の人殺しです。言い消すにも言い消されません。貴女は瑞西(スイス)の山中で私に逢い、そうして私と離れるまでの間、毎日私へ何を飲ませました。茶の中に一滴づつ落とし込んで私へ勧めた恐ろしい毒薬は、人殺しでなくて何の為です。」

 初めて明白に言い聞かされる言葉に、嬢は身の置き所も知らない程に打ち驚き、
 「アレ、アノ様な事を仰る。先アどうしたらーエ、恐ろしい。」
と打ち叫び、逃げ出そうとする人の様に、我を忘れて立ち上がったが、嬢の悪運も最早ここに至って、尽きたと云うべきか、此の時嬢の衣嚢(かくし)から、床の上に転がり落ちたのは、非常に小さい薬瓶で、口には堅く栓を差し、中には水の様な透明な液体を、半分の余も充(み)たして在った。

 男爵は隙(すか)さず認めて、
 「もう彼れ是れ云う事は有りません。何よりの証拠が貴女の衣嚢(かくし)から落ちました。」
と云い、拾い上げようとすると、嬢は周章(あわ)て狼狽(ふた)めいて、男爵より先に之を取り上げ、
 「是は毒薬では有りません。」
 男「毒薬でなければ、何で隠し持って居るのです。何でその様に周章(あわて)て拾い上げます。」

 嬢「之は、アノ、私の持病の薬です。ハイ、持薬です。」
 男「持薬か毒薬か、今は分析師と云う者が有りますから、サアお出しなさい、私が持って行って分析させます。」
 嬢「その様な根もない疑いに、復する事はできません。」
 男爵は腕力に訴えても受け取ろうと、

 「毒薬でないと口に云っても、その様に隠すのが何よりも証拠です。毒薬でない証拠が何処に有ります。」
と迫り寄ると、嬢は実に必死の場合、最早かつて皮林が飲んで示した様に、自ら飲んで其の毒薬でない事を証明する外は無しと思い、
 「ハイ、毒薬でない証拠には、此の通り毎日私が飲んで居るのです。」
と云い、自ら其の瓶を口に宛(あ)てたが。男爵は此の様に、さてはと半信半疑に落ち、
 「毒薬でなければ、一層分析を拒む筈が有りません。」
と云い、直ちに飛び掛って、嬢の手を捉え留めたけれど、事は既に後の祭りであった。


次 後編(百十九)へ



a:160 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花