巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune127

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.28

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

              百二十七

 この植木屋の隣りで、この様に怪しい人々に探られるのは、誰の家だろう。是こそ実に園枝が世を忍ぶ仮の住居(すまい)である。園枝は先きに、和蘭(オランダ)の税関で、我が実の父の名は牧島侯爵と云うのを知る事が出来たが、又其の父が死を決して、北洋に分け入ったと聞いては、悲嘆の余り、其処に悶絶したが、付き添っていた宣教師の介抱で、漸(ようや)く我に帰った後は、この世が殆(ほと)ほと厭にになったが、肌に抱く乳呑児の末を思えば、死ぬにも死なれず、力なくなく気を取り直し、同じ宣教師の世話に由り、或る静かなる家に音楽の内教師として住み込んだ。

 是から日を経て、我が児が次第に成長し、母の顔ばかり打ち眺めて笑むのを見ては、今までに感じていなかった可愛さを催し、暫(しば)しは身の上の憂きをも忘れる許(ばか)りだったので、この子を充分に育て上げて、人並みに出世させようと、唯それだけの一念で奉公を大事に勤め、用事の無い時は部屋に隠れて其の子を抱きしめ、絹よりも柔らかい頬を我が肌に推し当て、

 「オオ最愛(いとし)や可愛や、真実にこの母を愛して呉れるのは和女(そなた)ばかり、和女に限って心の変わる事も無い。どうかこの不幸な母の運を受け継がず、早く育って出世してお呉れよ。」
など他愛も無く云い聞かせるのは、唯束の間の欝(うさ)晴らしであった。

 この様にして居る中にも、牧島侯爵と云う我が父は、何れの所に住み、如何に暮らしていた人なのだろうと、始終心に掛かるので、時々それとなく人に聞きなどしたが、或時雇い主の書類に、各国爵位鑑(かがみ)の有るのを見たので、それを借り受けて調べて見ると、牧島と云う貴族は昔から、唯伊国(イタリア)に一家あるだけ、しかも侯爵にして、非常に富裕な家柄の如く記して有った。

 是れが我が生まれた所かと、胸の轟くのを覚えたが、又思えば、我が身が、彼の古松に奪い去られてから、父があの通り絶望し、世界に流浪し始めたとしたならば、きっと其の家も絶えたのに違いないなどと、様々の想いに迫られ、その後は伊国(イタリア)に旅行した事の有る人と聞く度に、其の人に就(つ)いて、様々な事を聞くと、或る人の話では、かつて古松が獄中に我を尋ねて話した所と、大方符節を合わす様に、

 伊国(イタリア)羅馬(ローマ)府を去ることほど遠くない地で、山を負い海を控えた絶景の所に、二十年前まで牧島侯爵の邸であると云って、今は雨に晒され、風に侵(おか)され、荒れ果てた屋敷がある。その主人侯爵は一人娘を設けて妻に死なれ、間も無く何者にか娘をさえ奪い去られた為、絶望して行方さえ知れなくなった。この荒れ果てた屋敷を見て、侯爵の不幸を憐れみ、世の果かなさに涙を流さ無い人は無いと云った。

 園枝はこの話しを聞くまでは、唯我が児を育て上げる一念でいたが、此の時からは、又一層の奮発を起し、広い世界に我が家と云う家の無い我が身にとって、父の其の屋敷の外に、身を落ち着けるべき所があるだろうか。其の家は我が家にしてこの児の家である。我が身がこの児のため、身の続くだけ働いて、その屋敷を買い入れ、昔の様に修繕して、この児を住まわせよう。父が若し北洋で亡き人の数に入ったならば、その屋敷を我が身の物とする事は、追善の一端ともなるだろう。生きて尚帰る事が有るとすれば、我が身が尋ね出して、父をその屋敷に迎い入れよう。そうすれば父の喜びは如何ほどだろうとこの様に心を決した。

 それからは只管(ひたすら)に身を励まし、様々な賃仕事などをして、雇い主から得る給金の外に、更に得る丈の金を積み、三年目には、自ずから驚くほどの高となったので、之を当分の糊口の料とし、仏国の劇場に出演しようと心を定め、それにしても我が顔を公衆の前に晒しては、これを昔の常磐男爵夫人であると覚えて居て、評(うわさ)する人も有るだろう。又後々の妨げともなるかも知れないなどと考え廻し、覆面で舞台に上る事とし、雇い主から暇を得て仏国に来て、運を試めして見ると、物事は思ったより旨く行き、僅かな間に莫大な給料を得るに至ったので、この様子ならば、数年を経ずして一念を果たす事が出来そうだと独り喜び、先ずそれまでの住居にと、此処に静かな家を借り、乳母を雇って児を守りさせ、外に一人の女中を使い、人に隠れて住む事とはなったのだった。

 それはさて置き、怪しい男両人まで、園枝の事を尋ねて来た翌日の昼過ぎであるが、園枝は劇場に出る刻限迄、何の用事も無かったので、例(いつも)の如く娘の手を引き、非常に幽遠である庭の木の間を散歩しながら、娘が少し疲れたのを見て、置き台の上に腰を下ろし、娘を膝に抱き上げ、
 「コレ二葉(ふたば)や、和女(そなた)の名は二葉と云うのだよ。牧島二葉と、サア自分の名が言えるか云って御覧、二葉とさ。」
 二葉は母の心を聞き分けてか、まだ舌足らぬ調子で、僅かに二葉と聞こえる様に云い綴ったので、園枝は嬉しさに絶えられず、
 「オオ、賢い事、人が若し嬢さんの名はと聞いたら、其の通り二葉と云うのだよ。」

 殆ど余念も無い折柄、遽(あわただ)しく此処へ馳せ来たのは二葉の乳母である。何か物にでも驚いた様に、
 「貴女大変ですよ。」
と云う。園枝は騒がず、
 「何だネエ、仰山に、この児が吃驚(びっくり)するじゃないか。」
 乳母「イイエ、大変です。是非とも貴女に逢い度いと言って、立派な方が尋ねて来ました。」
 人の来るべき筈は無いのにと、是には園枝もやや驚き、
 「それは多分門違いでしょう。」
と云う。

 言葉の未だ終わらない中、庭の彼方に立ち現われ、園枝の姿を見て、馳せ寄る様に歩み来るのは、これこそ其の昔、園枝の良人(おっと)として、今も尚、夫婦の縁の絶えたともなく、又絶えないともなく隔たっている常磐男爵であった。





次 後編(百二十八)へ



a:169 t:1 y:0



a:169 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花