巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune128

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.3.1

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                     百二十八

 馳せ寄る常磐男爵の顔を見て、園枝は夢かと計(ばか)りに打ち驚き、膝に抱いていた娘二葉を、取り落とそうとする程に立ち上がった。驚くのも道理である。妻では無い、良人(おっと)でも無いと言い渡され、不義悪業の汚名を得て、男爵の家を出てから、不幸と云う不幸を嘗(な)め尽くし、困難の底に落ち沈んだ身が、再び男爵に訪ねられる事が有るとは、実に思いも寄らなかったからだ。それに男爵の面影も、今は昔の様に晴れやかでなく、痩せ果てて非常に陰気に衰えていたので、園枝は殆ど男爵の幽霊かと怪しむ許(ばか)りだった。

 乳母は園枝が娘二葉を取り落とそうとするのを見て、是れは通例の客では無い。何か深い仔細の有る事に違いないと思い、直ちに二葉を抱き取って家の内へと退いた。後に園枝はまだ夢の心地で、思案さえ定まらないのに、男爵は早や近づいて来て、園枝の前に在り、今しも乳母の抱き去った娘に、忽(たちま)ち目を留め、其の身が何の為此処に来たのかを忘れた様に、

 「オオあれが和女(そなた)と私の間に生まれた両人の娘か。名は何と云う。アアこの様な可愛い娘まで出来た仲で有りながら、永の年月苦労を掛けて。」
と身を恨む涙声で我知らず口走るのは、胸に溢(あふ)れる親子の愛、又夫婦の情にして、押さえ兼ねた真心に違いない。

 園枝はこの間に恨み辛みや悲しさに、千々に心も掻き紊(みだ)れ、その身を支えている事が出来ない程だったが、凡そ非常の場合に臨んで、恐ろしい程その心を落ち附ける事が出来たのは、女であるからこそであった。特に園枝は今迄、心の激動する様な境涯をばかり経て来たので、少しの間に殆ど怪しい迄に我が心を推し鎮(しず)め、容(かたち)を正して、非常に静かに男爵に打ち向い、

 「貴方は何のためこの庭に入って来て、何の心でその様な事を仰(おっしゃ)います。」
と咎める様に問う様は、昔男爵夫人であった頃より、少しも品格を落としていない、なお気位高い園枝である。
 この姿を見て、誰が又この婦人が、獄中の困難を経、乞食同様の境涯を経て来た者と思うだろう。
 実に雲の上から降り下った天女の化身でも、これほどまでには、姿が備わることは出来ないに違いない。

 男爵はこの一声に忽ち心我に返り、我が身が園枝に詫(わ)びようとして来た事を思い出し、頽(くづ)れる様に園枝の前の芝生の上に膝を折り、園枝の裳(すそ)に縋(すが)り附いて、
 「コレ園枝、和女(そなた)がその様に言うだろうとは思って居た。今日は今までの過失を詫び、和女を元の身の上に返って貰う積りで謝罪(あやま)りに来た。何も彼も私が悪かった。何とも云はずに私の罪を許して呉れ。」

 園枝は唯静かにその身の足元から男爵の身を引き起こし、散台の一つを引き寄せ、労(いた)わる様に男爵を其の上に腰掛けさせたが、自ら一言も口を開かない。
 男爵は更に半ば泣き声で、
 「園枝、園枝、今までの事は重々私が悪かった。恨めしく思うのも尤(もっと)だ。何と云われても一言の弁解もない。私はもう我が身の過ちが悔しくて、此の両三年、家も捨て、世間も捨てて、和女の行方を捜して居た。

 和女が牢を出たと聞いた時から、唯の一日、イヤサ唯の一刻も後悔をしない時はない。和女を思はない時は無い。コレ園枝、今までの私の過ちを、唯の一言、許して遣ると云って呉れ。コレ、コレ。」
と両手を園枝の膝に置いて揺り動かす様にしたけれど、園枝は石に化したかと疑われるほど静かであった。身をも頽(くづ)さず、顔の一筋をも動かさない。

 男「オオ、私が今迄和女を苦しませた事を思えば、和女からどれほど辛く仕向けられても仕方は無い。私は十日でも二十日でも和女の心の解けるまでは詫びに来る。それにしても唯一言、何とか言葉を掛けて呉れ、園枝。」
 園枝は猶(なお)も返事をしない。

 男「何うしたら和女の心が解ける事だろう。世間の人は孫の顔を見る程の五十と云うこの年になり、自分の過ちとは云いながら、妻の行方を捜して一刻の安楽も得ず、我が子さえも唯生まれたと聞く許(ばか)りで、その顔を見る事も出来ず、日に日に痩せ衰える、この老夫を和女は哀れと思って呉れないか。謝罪(あやま)った謝罪ったと、是ほどに云うものを、何とも返事して呉れないのは、もう常磐男爵と云う其の名前まで忘れたのか。」
と身を裂くほどの切ない言葉に、園枝は唯一言、非常に幽(かす)かに、

 「イイエ」
と答える声が、そのように幽(かす)なのは、高く出しては震えるのを恐れてだろうか。
 男「オオまだ忘れないとならば有難い、それなら許すとか許さないとか云って呉れ。」
 園枝は漸く我が声の震える恐れがないと見てか、前よりはやや明らかに、
 「イイエ、何も許すとか許さないとか云う様な事柄は有りません。」
 男爵は之を許しの言葉と聞き、

 「オオ有難い、それでは何も彼も忘れて呉れたか。」
 園「ハイ夫婦で有った事さえも忘れました。縁を切って全くの他人となり、何の許すも許さないとも云う事がありましょう。」
と答える声、真に何も彼も忘れたのに似て、全くの他人に向うよりもっと冷淡に聞こえるばかりだった。





次 後編(百二十九)へ



a:147 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花