巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune130

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.3.3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

              百三十

 今までの恨みを忘れ、男爵の罪は許す事が出来ても、再び男爵の妻にはなる事が出来ない。是れは園枝が堅く思い定めた決心である。
 男爵は急込(せきこ)んで、
 「何だと、再び私の妻になる事が出来ないとな。でも私の罪を許し、一切の恨みを忘れて呉れると云ったのに。」
 園「ハイ、恨みはさっぱり忘れました。けれどもーーーー。」
 男「イヤイヤ、罪を許して恨みを忘るれるならば、改めて妻にならなくても、元からの夫婦だから、自然と元の夫婦に立ち返ったと云うものだ。」

 園「イエ、そうは参りません。」
 男「その訳は、その訳は。」
 園「ハイ訳は云う迄も有りません。私は英国一般に不義者毒婦と見做(みな)されて、牢屋の恥辱迄でも受けました。今再び貴方の妻となれば、この女が不義の嫌疑を受け、毒婦と呼ばれて牢に入ったかと、世間の人が又私の昔の恥を思い出します。今の儘(まま)で誰にも身分を知らさずに、独身で世を送れば、誰も汚らわしい私の履歴を知る人はなく、人に弁解するにも及ばず、赤面する場合もなく昔を忘れて暮らすことが出来ます。再び男爵夫人となり、人に顔を見られる事は、どうしても出来ません。」
と充分の決心を示して云ったが、男爵は断念(あきらめ)る事は出来なかった。

 「イヤもう私も英国へ帰りはしない。和女(そなた)と共に人の知らない静かな国で、世を送るから、その様な心配は無い。」
 園「イイエ、英国一、二の貴族として、英国の土地と様々の深い縁に繋(つな)がって居る貴方が、どうして生涯を他国に暮らして済みましょう。」
 男「ナニ済まない事はない。」
 園「貴方はそうお思いなされましょうが、私故に故郷を捨てさせて、生涯旅の不自由をお掛け申すのは、猶更私には出来ません。」

 男「イヤイヤ、旅が何で不自由であろう。和女が元の通り妻にさえなって呉れれば、何国(いずく)の果てでも和女の好む所を私は自分の故郷と思う。
 英国に有る財産を其処へ移しても好い。私は素より和女の身に何の不自由も掛け無い。そうして娘を良く育て、親子三人、楽しい夢の様に世が送られる。是れほどの幸福が又とあろうか。どうかそうして呉れ、園枝、園枝、和女がそうして呉れなければ、私はもう此の世の憂さを一日も堪(た)えていられない。コレ、コレ」
と縋(すが)り附いて、愁訴(かきくど)いたが、園枝は黙然として返事が無い。

 ややあって、
 「私はもう釣り合わない夫婦が、幸福に世を送られるとは、どう有っても思いません。貴方は私の素性をお忘れになりましたか。私は宿無しの乞食でした。町の敷石に行き倒れて、飢え凍えて死ぬ所でした。」
 男爵は情け無い声を絞り、
 「もうその様な事は云って呉れるな、過ぎ去った事は云いっこなしに。」
と、云っても園枝は聞き流して言葉を続け、

「それに悪人とも云う古松の様な汚れた者に、娘として育てられた身の上です。之を思えばどうしても人の妻などになられましょうう。一旦は貴方の恩に甘え、深く前後の思慮もなく、男爵夫人にまで取り立てられましたが、今思うと、是が私の生涯の身の過ち、又貴方も一頃は是を生涯の過ちとお思いなされたでしょう。若し不釣合いの婚礼で、幸福に世が渡られるものならば、貴方と私の婚礼こそ実に幸福に終わらなければならない筈です。貴方は世間の良人(おっと)達が其の妻を愛するより、倍も二倍も私を愛して下され、私も身の程が恐ろしいと思い、及ぶ丈気を付けて貴方に仕えましたけれど、果てはどうなりました。貴方も私も世間には又とない程の不幸に落ちたでは有りませんか。」

 男爵は叫び声で、
 「そ)は私が悪かったからだ。」
 園「イイエ、貴方の悪いのでは有りません。ハイ誰の悪いのでもなく、全く不釣合いの縁から起こった事です。この後も、再び貴方の妻に帰れば、どの様な所から又どの様な禍が出て来るか測られません。表向きはどうであろうと、一旦全く切れた夫婦の間ですから、切れた儘(まま)にして置けば、永い後々には、貴方にご恩返しの出来る事も有りましょうが、再び夫婦となっては、少しのご恩返しも出来ないうちに、又どうなるか知れません。

 今度再び不幸に落ちては、貴方も私も、そ)こそ又と浮ぶ事が出来ませんから、どうか園枝は悪人に育てられた汚らわしい者である、男爵の妻には決して出来ない女で有ると、思い切って頂きましょう。」
と事を分けて述べる言葉は、一々胸に応えないわけには行かなかったが、聞けば聞くほど益々園枝が世の女流と異にして、実に稀なる心掛けの女であることが分り、男爵は只管(ひたすら)悔恨の念が募ると共に、愈々思い切ることが出来なかった。

 或は小児(こども)の将来(のちのち)を説き、利害を説き、或は我が身の過ちを恨らむなど、真情を開いて園枝の操に訴え、又其の慈悲心に訴えたが、園枝は遂に動かない。果ては悄然と打ち萎れ、何やら非常に悲しい決心を起した様子で、
 「貴方がどうしても元の身に立ち返れと仰(おっしゃ)るならば、私は又と貴方が探し出す事の出来ないように、この所を立ち去って、世界の隅に身を隠します。ハイ、今夜の中にもこの家を畳み、行方を晦(くら)ましてしまいます。」

 この一語には、男爵も驚かないわけには行かなかった。かつて金殿玉楼の奢りさえ、塵の如く捨てて顧みず、飄然(ひょうぜん)《ふらりと遣って来たり立ち去ったりする様子》として男爵家を立ち去って、無一物の境涯に帰るのを、其の身の分と諦めた程の女なので、この言葉も徒(いたずら)には発しないだろう。

 今園枝に再び姿を隠されては、元も子も無い有様に立ち到ることは確実なので、ここは唯気を長くして、兎に角も往来の道だけは開いて置くことにして、早や園枝が劇場へ出で行くべき刻限も近付いたので、これ以上園枝の気を損じてはならないと、男爵は懐かしい娘の顔さえ碌(ろく)に見ず、惜しい別れを胸に畳んで帰り去った。




次 後編(百三十一)へ



a:166 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花