巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune136

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.3.9

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

              百三十六

 又取り合う様子も無い芦田岩三の様子を見ると、我が身が探偵と疑われ始めたことは明らかだが、今疑われては、後々の行動に都合の悪い事もあるので、横山は好い加減に云い繕い、兎に角今一度男爵の意見を聞いた上で、再び尋ねて来ると約し、此処を立ち去った。
 しかしながら横山は再び此処に来る積りはなかった。岩三の言葉で、彼の古松が赤児を連れたまま伊国へ逃げて行ったことは、略(ほぼ)見当も付いたので、岩三を捨てて置いて、直ちに伊国へ出張し、古松を捕えようと決心をした。

 それはさて置き、小児(こども)の紛失に打ち驚き、直ちに巴里を指して急ぎ去った母園枝は、日の未だ出ないうちに巴里に到着したが、是もこの様な事柄には、探偵の外に頼みに出来る者が無いのを知っているので、予(か)ねて噂に聞く一、二の探偵を尋ね、事の仔細をを打ち明けたけれど、何れも余り漠然とした事件で、日を限って尋ね出(いだ)すことは甚だ難しいとの見立てであったが、独り最後に尋ねた探偵はやや見込みのある返事をした。

 抑(そ)もこの探偵は誰かと言うと、当時仏国で無双の機敏家と称せられていた、重髯(じゅうびん)先生である。(訳者曰く、姓はヂュビン、名はビーヤ、この人の探偵事蹟は幾多の書に散見す。)
 先生は探偵の職に在ること既に三十余年にして、欧州何れの国の言葉をも、その現地人の様に好く語り、罪人を追って各国を遍歴したことは、何回あったか数え切れない程だ。しかもその気質は、大いに金銭貯蓄の念に富み、政府から数多の給金を受ける上に、報酬さえ多ければ、如何なる事件をも引き受けないと言うが事なく、又引き受ければ、何分かの手掛かりを探り出さなかった事はなかった。

 実に重鬢先生と云う名は、子供にまで知られる程であったが、園枝もこの人ならばと思い、最後にその住居(すまい)を尋ねて行くと、先生は直ちに居間に通し、何やら繰り返して調べて居た書類を閉じ、先ず報酬の事から口を開いた。

 「私は一時間に数フランの所得がある極めて貴重な身分ですから、私に時間を割かせようと云うには、余程報酬が無くては成りません。その代り報酬さえ充分ならば、他人が探る事が出来ない事まで探って上げます。貴女は全体どれ程の報酬が払えますか。」

 園枝は金銭など考える場合でないので、劇場から得る我が給金の過半を挙げ、
 「ハイ、一週千フランづつ差し上げることが出来ます。なお探し出した時には別に一万フランの報酬を致しましょう。」
 先生は居間の隅に安置してある大きな弗(ドル)箱を顧みて、

 「フム、宜しい、一周に千フラン、別に懸賞が一万フラン、貴女は私に物を頼む法則をご存知です。引き受けましょう。シテその事件は。」
 問われて園枝は猶予も無く、昨夜の始終を詳しく語ると、先生はなお満足せず、更に園枝の身の上を問い始めた。

 園枝は身の上を語ることは、辛くない事は無いけれども、隠して置くことが出来ない場合なので、仕方なく打ち明けると、先生はなお様々に根掘り聞いた末、少しも考え込むこと無く、
「フム、そうすると貴女と男爵とが、再び仲が好くなるのを見て、男爵の相続人と極まって居る永谷とか言う者が、さてはその児に身代を奪われる恐れが有ると、斯(こ)う思って、早速手を廻し、その児を奪った者かとも疑われますが、外にこの疑いに合う様な事実は有りませんか。」

 園「少しも有りません。」
 先「ではこの疑いは間違いかも知れません。私の流儀は起こる丈の疑いを一々爾(さう)して、それを片端から調べて行く事に在るのです。こうして詮(せん)じ詰めて見れば、その中に事実に当る疑いが分って来ます。
 フム永谷ではない、例の盗賊でもない。アア、分りました。人の子を攫(さら)って、その親から金を強請(ゆす)る悪人の仕業です。貴女と男爵とが廻り合ったその夜の中に、直ぐにその様な事をしたとすれば、多分は日頃から両人の身の上に目を付けて居た悪人でしょう。」

 園「その様な悪人と言ってもーーーーー。」
 先「イヤ、無いと限りません。貴女に分らなくても、どの様な所に有るか分りませんから、併しナニ、余り急ぐには及ばない事です。第一その児は無事で居ます。さうして茲(ここ)幾日も経ない中に必ず貴女か男爵の許へ、その悪人か或は代人かが強請(ゆす)りに来ますよ。強請りに来る心がなければ、人の児など攫(さら)って行くものではない。だから気を静かに両三日お待ちなさい。爾(そう)して強請りに来た時に一寸私へ知らせて下されば、私が苦も無くその児を取り返して上げます。」

 事もなげに言うのを聞いて、園枝は却って力無い気がせられ、
 「両三日も静かに待って居られる程なら、何もこの通りお頼みには参りません。貴方のお見込は後にして、先ず実地に捜索を始めて戴き度いと思いますが。」
 先「勿論です。見込みは見込みでこの通り立てて置けば、貴女が私の言葉に従って待つ間に、私の方では充分に捜査の手を廻します。」
        
 園「どうぞそう願います。」
 先「承知しましたが、その児の写真は有りませんか、写真でも有れば大いに捜査の便(たよ)りになります。」
 園枝は提げて居る手皮鞄(カバン)に娘二葉の写真一葉入れて有る事を思い出し、有りますと云い、取り出して先生の前に置くと、先生は一目見て、非常に異様に眉を顰(ひそ)め、独り何事をか呟(つぶや)いた末、忽(たちま)ち思い直した様に、

 「是で宜しい。直ぐに捜査を始めますから、今日は先ずお帰り下さい。」
 園枝は帰る気力も無いけれど、この上長居も無益と思い、
 「何分宜しく願います。」
と呉(く)れ呉れも頼んで置いて、立ち去ったが、後に先生は古い文庫の中から、似か寄った又一枚の写真を取り出し、之を園枝から受け取った二葉の写真と並べて置き、恰(あたか)も見比べる様に双方を打ち眺め、

 「実に不思議な事も有るものだ。直ぐに出張して動いてみるか。」
と云い、今迄とは打って変わり、非常に忙しそうに立ち上がり、
 「イヤもう一度、今の婦人に良く聞き糺(ただ)さなければならないわい。」
と独り語(ご)ちながら思案する様は、尋常(ただごと)とは思われない。




次 後編(百三十七)へ



a:161 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花