巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune141

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.3.14

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                   百四十一

 牧島侯爵は重鬢先生を引き連れて宿に入り、二階の静かな部屋に伴って行き、先ず之に椅子を与えて、
 「先生、先生、二十年も経った今となり、どうして私の娘の行方が分りました。其の娘は何うなりました。何時何処で死にました。」
と言葉急(せ)わしく問い掛けると、重鬢先生は沈み込むほど落ち着いて、

 「そう一時にお問いなさっては、どう返事して好いか分りません。どうか私の言葉の終る迄無言(だま)ってお聴き願います。」
 侯爵「どうも無言(だま)っていられませんが。」
 重「それではお話出来ませんから、貴方の仰(おっしゃ)る丈の事を仰って、お鎮まりなさるまで、私の方が黙って居ましょう。」
と重鬢先生は堅く唇を閉じ合わせ、又一語をも発しようとはしなかった。

 之には侯爵は我を折って、
 「イヤ貴方に無言(だま)って居られては、私の方でも何も言う事が有りません。先生、では私が黙って居ます。ハイ、貴方の指図を守り、何も口を出しませんから、どうか娘の事をお聞かせ下さい。エ、娘はどうしました。、何時、何所でー、」
と言い掛けて、

 「イヤ是さえ問うて悪いなら無言っています。」
と云い、必死の思いでその口を噤(つぐ)んだので、重鬢先生は手提げの中から覚書の書類を徐(おもむ)ろに卓子(テーブル)の上に置いた後で、

 「実は行方が分ったと云うものの、未だ多少私にも分らない所が有ります。言わば私の目指す当人が果たして貴方の娘か否か、その素性に就いて未だ少し証拠が欠けて居ます。その証拠は貴方に聞けば分りますから、それだから貴方にお知らせ旁々(かたがた)その証拠と言うべき事を聞き合わせに参ったのです。」
と断って置き、更に

 「それでは先ず順を追って申しますが、第一に私が若しやこの婦人では有るまいかと思い始めた発端は、コレこの写真です。一応これを御覧下さい。」
 云いながら侯爵の前に置いたのは、これこそ、園枝が娘二葉の行方を尋ねるため、先の日に重鬢先生に渡した、二葉の写真である。

 侯爵は一目見ると、先刻フレツタの海浜で廻(めぐ)り逢い、二十年前の我が娘かと怪しみ、今もまだ心に掛かる彼の娘の写真なので、
 「是は実に不思議ですよ。私の娘に生き写しですが、私も今日フレツタの海浜に行き」
と言い掛けると、重鬢先生は又制して

 「イヤ貴方のお話は、約束通り後で伺う事に致しましょう。貴方がこの写真を二十年前の娘御に生き写しだと仰れば、それで好いのです。私も始めてこの写真を見ました時、何だか見た様な顔だと思いますから、好く考えて見ますと、アア二十年前牧島侯爵から、この娘を捜して呉と頼まれた、その写真の顔だとヤッとの事で思い出しました。それから古い文庫の中から、貴方から預かった昔の写真を取り出して比べますと、多少の違いは有りますが、他人とは思われない程好く似て居ます。

 尤(もっと)も他人の空似だろうとは思いましたが、それにしても若しや何かの訳で、血筋を引いて居る事は無いだろうか、血筋でなければ、是ほど似るのは珍しい。或は万が一この子の母が、貴方の奪われたその娘ではないだろうかと、こう思いました。」
 侯爵は耐え兼ねた様に、
 「エ、この写真が私の娘、そうすると私の孫、アア貴方は好い所へ気がお附なさった。流石です。流石お仕事柄です。」
 重「イヤ私から貴方へのお返事を請うまで、暫(しばら)く無言でお待ち下さい。」
   
 侯爵「アア、その約束をツイ忘れた。宜しい無言(だま)っています。ハイ無言って居ます。」
 重「イヤ幾等私が仕事がらと言って、ナニ似た人を見る度に、血筋を疑いは致しませんが、唯私はこの子の母の顔を見たのです。勿論年が違いますから、顔は変わって居ますが、親子丈に好く似てい
ます。従って二十年前の貴方の娘御の写真とも似て居るのです。丁度貴方の娘御が、無事に成長して母となれば、この様な顔付きだろうと思われる様な顔付きです。其の上に年も丁度、貴方の娘御が成長したのと同じ年頃です。

 侯爵「それが必(きっ)と私の娘で、この子は私の孫ですよ。」
 重「まだそうと許(ばか)りは極まりません。」
 侯爵「イヤ、極まらない事は有りません。第一ーー」
 重「イヤ侯爵、貴方がそう屡々(しばしば)口をお聞きなさってはー」
 侯爵「でも黙ってはー」
 重「では之で私はお暇に致しましょう。後刻貴方が言い度い丈仰り尽くした頃に又伺いましょう。」
と云い、はや写真その他の書類などを取り片付けようとする。

 侯爵は遽(あわただ)しく、
 「モシモシ、先生、今度こそ無言っています。」
 重「では申しましょうが、私もその様に思ったから、その婦人に直接幾度も尋ねましたが、その婦人は極めて漠然として居るのです。種々参考になる事情は沢山有りますが、法律上で真の娘だと証明する証拠は、揃って居ないのです。」

 侯爵「親子は血筋で結ぶ間ですもの、なんで法律の証拠など要りましょう。イヤ大変また失策(しくじ)った。先生、今度こそ無言っています。」
 重「兎に角充分な証拠がなくては、親子でも親子とは云われません。特に貴方ほどの大財産が有っては、随分子でない者まで子の様に名乗り度くなります。」

 侯爵「子でない者が何うして私に顔が似て、エエ又口が滑り掛けた。」
 重「所でその証拠は貴方に聞くより外有りません。その婦人を二十年来育てたのは、古松松三と云う独身の人ですが。」
 今度こそ侯爵は一刻も待つ事が出来ず、
 「エ、古松と云う者が育てて居た。それでは最も明白です。少しの疑いも有りません。古松松三とは、貴方が目を附けろと云った水夫苫蔵(とまぞう)です。ハイ私の娘を盗んだ其の悪人の苫蔵です。」

 重鬢先生も是には少し驚いて、
 「何して苫蔵と古松が同じ人だと分ります。」




次 後編(百四十二回)へ



a:156 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花