巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune146

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.3.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳
  
                   百四十六

 永く園枝の身に祟(たた)って居た悪人古松は既に捕われ、娘二葉の行方も判明(わか)り、父侯爵も現れて来たので、まだ親子三人、目出度く対面する迄には到って居ないとは云え、是で園枝の身に纏(まとわ)り付居ている重ね重ねの禍いも、殆ど消え尽くそうとしている。
        
 しかしながら、禍いの原(もと)の因(もと)を作った彼の皮林育堂なる者、今以って捕われて居ない。瑞西(スイス)の山中で倉濱小浪嬢を欺いて以来、何所に隠れたか、少しも音沙汰さえ無いのは、最早園枝と常磐男爵に対する、その恐ろしい思意を断念したのだろうか。

 今は仏国(フランス)から英国に旅する人は、巴里の北端にあるノルドで汽車に乗り、クレイル、アミーン、アツベビル等の停車場を過ぎ、カレーから船に乗り、夢の間にドーバーの海峡を渡って英国に達するのであるが、その昔汽車の便が無い頃は、客を振り落とす程揺れ動く、粗末な馬車が朝夕両度づつ、双方から発するのが有っただけである。
       
 朝発したものが夜に入って達し、夕に発したものは夜明けて後に達す、其の不便は並大抵ではなかったが、不便を忍んでこの馬車に乗り、巴里から出発してたった今、カレーに着いた、年三十歳足らずの一旅人、他の客と共に、馬車を下り、街灯の設けも無い薄暗い巷を辿って、埠頭の傍にある休憩所に入り、隅の方にある卓子(テーブル)に向かって座し、酒一瓶肉一皿を命じ、昼以来の飢えを癒して居た。

 頓(やが)て英国に渡る海峡船から出発の合図が聞こえると共に、他の客は先を争って立ったが、この客だけは、悠然と落ち着いて、立ち上がる景色もない。給仕の者が怪しんで、
 「お客様、船にお乗りなさるなら、もう埠頭へお出でなさらなければ。」
と言うと、客は驚きもせず、柱時計を打ち眺めて、
 「いや、ドーバーから此方(こちら)へ来る船を待つのだ。何時に着くだろう。」
と問い返した。
 
 給仕はまだ不審の様子で、
  「ハイ、九時半には着きます。未だ一時間は有りますが、貴方は向こうから来る人をお迎えですか。」
 客は問はれるのを五月蝿そうに、
  「そうだ。」
と無愛想に答え、
 「もう一瓶直ぐにこの酒を持って来い。」
と命じた。給仕は気難しい客と見てか、直ぐ一瓶を持って来た儘(まま)再びこの傍に寄り付かなかった。客は益々静まって独酌しながら、時々柱時計を眺める外は身動きもしなかったが、やがて九時半となり、対岸から船が着いたのを聞くと、急ぎ勘定を済ませ、其の儘(まま)埠頭に立ち出でて、船から上陸する客を透かし眺め、一々に検めて居たが、最後に上って来た客の姿を見て、つかつかと進み寄り、低くい声で、

 「永谷君」
と言うと、その人ピクリっと驚いて、
  「オオ皮林君か、」
と問い返した。
 今船から上って来たのは、実に常磐男爵の甥永谷礼吉で、迎いに出たのは即ち皮林育堂である。二人共前もって時日を打ち合わせて、此処に出会ったものと知られる。永谷は早口に、

 「君が茶店で待つて居ると云う事だったから、此処で呼ばれてびっくりしたよ。」
  皮「イヤ、あの茶店では十分な密話は出来ない。直ぐに是から馬車に乗り、僕と一緒に巴里まで来給え。」
  永「イヤ、巴里まで行っては、又二日か三日余計に日を費やさなければならない。この頃は何でも、伯父から厳しい指図でも来たと見え、留守居の者が隙間なく僕の挙動に注意して、詳しく伯父へ知らせて居る様子だ。今度なども君が是非とも来いと云うから、やっと誤魔化して出て来たので、予定より永くなると大いに怪しまれる。」

 それだけ常磐男爵が君を疑い、君の身が危険に成って居る。それだから僕が至急に相談があると云い呼び寄せたのだ。今度こそ最後の相談を決めなければならないから、緩々(ゆるゆる)と話をする為巴里までー」

 この悪人の最後の相談と聞き、永谷は恐ろしそうに身を震わせ、
 「巴里まではどうしても行かれないよ、この辺の案内は僕が好く知っている。少し行くと宿屋が有るから、其処で泊まろう。そして今夜の中に君の話を聞き、僕は明日の船で直ぐに英国に帰ろう。若し君、今迄辛抱したものが、永く家を空けて、それが為に再び勘当される様な事に成っては実に詰らない。」
 
 皮林も道理と思ってか、
  「それもそうだ。」
と返事して、是から二人連れ立って、近辺の旅亭を尋ねて、投宿したが、又如何の様な企みを相談しようとするのかは分からない。




次 後編(百四十七回)へ



a:158 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花