巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune34

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

            三十四

 この様にして何事も無く一週間を過した。数多い来客にとっては、唯だ楽しみの外何事も無い一週間だが、常磐(ときわ)男爵とその妻園枝に取っては、針の山を辿るよりもっと辛い一週間である。交際の作法として男爵も園枝もなるべく何気ない顔を装い、客に向って主人である丈の勤めは尽くしたが、夫婦の中は一日一日離れて行くのみにして、今は全くの他人より、もっと余所余所(よそよそ)しく、敵の末とも云うような有様に立ち至った。

 園枝にしても、若し自分に過がち有れば、如何様に言い訳もし、又詫び入れもして、良人(おっと)の心を解くところであるが、園枝は自分が、露ほども道に欠けた所があるのを知らない。良人の不機嫌に気付いて、幾度かその仔細を問い、幾度かその心を慰めようとしたけれども、良人の心は一向に解けず。却って五月蝿(うるさ)そうに刎(はね)退けて、叱り付つるほどなので、この上に尽くす方法が無い。

 罪が無いのに何を詫び、何を言い訳しよう。唯だ無言で立腹する良人の振る舞いは、実に良人として妻に対する道を失う者である。之を邪険と云わなければ、何を邪険と言おうか。園枝に若し、歴然(れっき)とした里親があって、男爵の振る舞いがこの様だと、その有様を知ったなら、必ず理由無くして妻を苦しめる者として、園枝の為に離縁の訴訟をも起こし兼ねないだろう。

 園枝は男爵を恨んでは居ないが、自分に過ちが無いのに、それを自分から男爵に折れて出るのは筋が立たない。男爵から自分の方に言い訳して、機嫌を直す可き筈の筋であると思うので、人知れず涙を呑み、高く身を置いて、主婦たる日々の勤めを守り、唯だ男爵の方から解けて来るのを待つばかり。

 双方ともこの様な状況なので、何時の日か打解ける事があるだろう。男爵も僅かな間に、顔の色が非常に衰えて、復(また)と笑顔の無い人と為ったので、園枝の方は重なる心配に、耐える事が出来なかった。客と共に且つ笑い、且つ興じたが、是れは実に義理一片にして、今までその頬が輝き、満室の人々に、春風和気の想いを与えていた、晴れやかな笑顔は見る事が出来なかった。

 男爵は早くもこの状態を知り、是すら疑いの種に数え、
 「園枝が、若し我が為に心配しているなら、我に余所余所しい筈があるだろうか。その心に彼の皮林育堂への愛が通じた為め、遣る瀬無い想いに身を焦がし、自ずから窶(やつ)れて来ているのだ。
時々茫然として、何か物思う風が見えるのも、皮林の事を思っているからなのだ。アア、自分の今までの愚かさよ。素性も無い十九、や二十歳の一少女に、是ほどまで深く欺かれ、更にこの上にも益々欺き行かれ様とするか。

 園枝が我が妻となったのは、我が恩に感じたが為めでは無い。況(ま)してや、我を愛するが為で有る筈があろうか。唯だ自分の身の位置が低く、何の生業(なりわい)も、持って居なかったので、暫く出世の踏み台として、我が妻になる事を承知したものだ。今は踏み台の上に乗り、自分の位置が高くなった為め、最早や私を見て、用の無い廃物とし、何とかして思う男に身を寄せようと、その工夫に心を苦しめているのだろう。
 この様なことから考えると、倉濱小浪嬢が、園枝を皮林の昔馴染の様に云うのも、或いは真実(まこと)なのかも知れない。」
など、自ら疑いを探り求めて、止め度も無く苛立(いらだ)った。

 又或時は本心に動かされて、その疑いを翻(ひるが)えし、たとえ皮林が園枝に思いを寄せるとも、その罪、園枝に在りと云うべきだろうか。園枝は或いは未だ、皮林が自分に心を寄せて居る事は、気が付かないのかも知れない。寧(いっそ)の事、急に園枝を引き連れて茲(ここ)を立ち、再び何れかに旅行して、暫し園枝と唯二人で日を送ろうか。そうすれば、五月蝿(うるさ)い客人等、二人の後に随(つ)いて来ることは出来ない。

 この屋敷で、楽しむだけ楽しんで帰り去るだろうなどと思ったが、是れは到底為し得ることでは無い。社交の作法と云う者が、文明の紳士を縛るのは、昔の手枷(てかせ)首枷などと云う者が、罪人を縛ったことよりもっと厳重である。

 主人として招いた客を捨て、夫婦で旅行する事が許されるだろうか。アア、自分は彼の怪しく疑わしい皮林育堂を、追い去って妻の傍に近づけ無い様にする事さえ出来ない。是も実に文明の作法に背くからだ。
 この様な場合に於いて、男爵の為に一廉(ひとかど)の力と為り、事の真偽を噛み分けて、大いに男爵の心を慰める事が出来る人は、唯だ小部石(コブストン)大佐一人である。

 大佐が若し茲(ここ)に居たなら、たとえ男爵からその疑いを打ち明けなくても、必ず男爵の欝(ふさぎ)勝ちな挙動で、大抵は察し知り、磊落(らいらく)な裁判を下して、何の憚(はばか)る所も無く、男爵の迷いを唯だ一笑に付し去って、心の雲を吹き払う事は必然だが、悲しいことに大佐は、男爵が初めてこの疑いを起こした頃から、非常に強い通風症を引き起し、この邸の離れ座敷に引き籠ったまま、出て来ることすら出来ない。

 唯だ幸いに、園枝がこの人を良人(おっと)の第一の老友と思うが為、充分その介抱に意を注ぎ、看病婦を付き切りに侍らせて、自分も日に幾度と無く問い行って、親しく慰めはしていたが、勿論端下なく自分の憂さを色に現す事などはせず、偏(ひと)えに自分の良人に誠を尽くす一端とだけ思って、或いは面白い読本を送り、或いは花、或いは果物、いやしくも大佐の心を慰める様な物は、一として贈らない物は無い。

 更に時々は、病人の乏しい食気を進める様な、珍味を料理し、特別にその枕元に捧げるなど、王侯の受ける看病も、是以上のものは無いと思われるほど気を付けるので、大佐はこの夫人に、悲しい事が有ろうとは、夢にも思わず、夫婦仲が益々裂けて行くのに任せるばかりだった。

 そうは言っても、この様な仲は、穏やかに裂ける事は出来ない。生木を割るのも同様なので、必ず凄まじいまでに、恐ろしい割け方を見る時があるに違いない。その時は遠くもない。早や眼前に近付いている。
 前から男爵が、来客を待做(もてな)そうと、遊興として数多く計画した献立の中に、大遊山と云う一つの箇条があって、これこそ来客一同が、如何(どれ)ほどか面白いだろうと楽しみにして待っているもので、前から定めてあるその日取りを、今日か明日かと、指折り数える程であったが、今日は漸くその前日となった。

 誰がこの楽しむべき大遊山に、如何なる禍が伏しているか知っていようか。


次(三十五)へ



a:202 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花