巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune35

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.28

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

            三十五

 遊山(ゆさん)とは唯打ち群れて、野に遊び山に遊ぶ丈の事であるが、これほど楽しい遊び方は稀である。特に常磐男爵家の遊山会は、大抵年々一度づつ催す行事で、その場所は、広い英国の中にすら多くはない、風景絶景の地、俗称「迷いの洞(ほら)」(ウイザード・ケーブ)と称する所である。この遊山には、唯だ男爵の客仁のみが集うのではなく、近郷近在に別荘を持つ物持の子女は、年中の晴れ場所と思い、先を争って集い来るのが常であると云う。

 当日の朝と為れば、常磐荘園の門前門後は馬幾百、車幾十、数え切れない程で、混雑も並大抵でない。勿論、野に遊ぶ事なので、着物は成るべく華奢を避けるのが当然ではあるが、群集の中で、四辺(あたり)に輝やこうとするのが、婦人達の常なので、その場所の石原や草の上であることも厭わず、唯だ人数が多いと云うだけの為に、何れも華美を尽くして眩暈(まばゆ)いまでに着飾っている。

 その中に、独り新夫人園枝だけは、遊山の楽しみは、衣服に在るのではなく、衣服を厭わず、保養に在ることを知っているので、日頃よりも目立たないように極めて薄い草色の絹を着流し、飾りと言っては、首輪、襟留、腕輪などに、藍色石のみを象嵌した対の細工物を着け、その外には、唯だ優美な編縁(レース)を、所々に施しただけ。

 しかしながら、この淡白な拵(こしら)えは、綺羅めいている多勢の中に、却(かえ)って唯独り水際立って見え、雀の中に鶴が下りた趣きがある。男爵が日頃最も園枝を好むのは、実にこの様な淡白な装いに在るのだが、悲しいことに、それも今は過ぎた夢となろうとする。

 華美(はで)の中に又一際華美なのは、当年満二十六歳と聞こえる彼の倉濱小浪嬢である。今日こそは近郷近在の物持ちの息子株で我が擒(とりこ)となる者が三、五人は有る筈だと、前から目星を附けているので、特に倫敦(ロンドン)にある裁縫会社へ注文し、既に数多の代金の滞りがあるとは云え、舌に劣らない巧みな筆先で、近々大金満家に娶られる見込みがあるかの様に仄(ほの)めかし、

 この衣服が調達出来なければ、殆ど旧借を返済する目途は当分は立ち難しなどと威(おど)し、その代り万事の見込みは総て衣服に繋(つな)がるので、この注文に応じて呉れれば、必ず半額は遠からず払い渡すなどと、令嬢で有りますとは言えないほど、非常に怜悧(さか)しく書き送った効き目として、この遊山の前日に、漸(ようや)く仕立て卸しの一行李が到着し、更に一通の手紙まで添えて有ったので、眉を顰(ひそ)めながら読み下すと、

 最早や手を退(ひ)き難いほど貸し過ぎたので、止むを得ず注文には応じますが、速やかに旧借の幾分を支払わなければ、この度が最後で、直ちに法律の手を借りることになりますなどの意を、遠回しに書いてあった。

 嬢は「極まり文句だ」
と不機嫌に呟(つぶや)いて、直ちにその手紙を火中に投じ、行李を開いて検(あらた)めると、仕立て屋もさる者で、成る丈金目を省いて、然も成る丈人の目を賑(にぎわ)す様、非常に巧みに仕立て有った。多少の申し分が無い訳では無かったが、先ず何人にも退(ひ)けを取らない新形なので、嬢は大いに安心し、当日は誰より先に之を着け、同じ馬車に相乗りすべき息子株を選ぼうと、門前門後に出たり入ったりして、笑顔を振り播(ま)いて練り廻るのも、矢張り交際の一手だろうか。

 見渡す限り、今日の客には、年が我が身に及ぶ令嬢が無いのと同じく、又器量と衣服が我が身に及ぶ令嬢も無しと見たので、益々心が浮き立ったが、それに附けても愈々以って面憎いのは新夫人園枝である。その顔の美しさは今に始まった事では無いが、その衣服の瀟洒(さっぱり)とした清らかなことは、学んでも得る事が出来ない所がある。特に何の飾りも無い淡白な拵(こしら)えだが、唯その襟飾りの一個でも、既に我が華美な新衣服より、二倍、三倍の値が有ることは、他人の身姿を値踏みするのに長けた、満二十六歳の活眼には、一目で明らかなので、嫉(ねた)ましさ、羨(うらや)ましさは限り無かった。

 「あれほど傷つけて置いたのに、男爵は未だこの様な品を新夫人に渡して置くのか。」
と不思議に思い、
 「今日こそは。」
と何やら悪意を帯びて呟(つぶや)く心は、知らず識(しら)ず、彼の皮林育堂の道具と為って、使われることになることを、気付く事が出来ないのは、情け無い事だ。


次(三十六)へ



a:210 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花