巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune39

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12. 2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                三十九

 アア男爵は何の為、何処に向って立ち去ったのだろう。客の相手をする主人であるのに、食事の最中に立ち去るとは尋常(ただ)事では無いと、園枝は心も平穏では居られない。今までは唯不和の為に、良人(おっと)の方から我が身に近付かなければ、我が身の方から、自ら折れて、良人に近付く事を求める道理があろうかと、高く控えて、何事も平気の様に見流そうと努めたけれど、虫が知らせると云うのか、何となく心配で、自ら落ち着こうとして、落ち着くことが出来ないので、そこそこにして天幕(テント)の外に出で、此方彼方(こなたあなた)を見回したが、良人の姿は更に見え無い。

 それに日も暮れ掛り、客一同と共に、此処(ここ)を引き揚げるべき刻限も迫って来たので、良人の居ないのは、猶更不都合だと思い、処(ところ)を定めず経廻(へめぐ)って尋ねたけれど、尋ねても尋ねても分らない。或いは下僕(しもべ)にでも聞いて見ればと思い、供待ちの為めに設けた一方の天幕(テント)に行き、差し覗くと、我が乗って来た馬車はあったが、男爵の乗って来た「オレスト」と云う愛馬は見えない。

 この様な所へ、馬丁(べっとう)が出て来たので、園枝は端下無くこの様な者へ、打ち附けに男爵の事を問う事せず、何気無い体で、
 「オレストは居るかえ。」
と聞いた。馬丁(べっとう)は怪しそうな顔で、
 「貴女は御存知が有りませんか。『オレスト』はもう半時間も前に、男爵が急に鞍を置かせ、お乗りに成って屋敷へお帰りになりました。余ほどお急ぎの様でした。」

 男爵が屋敷に急ぎ帰ったとは、益々奇怪な事なので、園枝は打ち驚かずには居られなかった。
 「エ、男爵がお帰りに成ったとは。」
 馬「ハイ、鞭を当てて大急ぎにオレストを走らせました。多分お屋敷に何事か出来たのでしょう。それで急にお使いがあったので、お食事中にお立ち成さった様に見えました。それに大道の方へは行かず、真っ直ぐに山路の方へ向けてお出ででしたが、私も実は心配して居ます。オレストはあの通り早い馬で、山道を走らせるのは随分危険な仕事ですから。」

 園「何だって山路などを。」
 馬「イエ、山路の方が半分ほども近いものですから。」
 園枝は益々心配して、
 「屋敷から誰が何と云って使いに来た。」
 馬「イヤ、それまでは存じません。唯男爵の御様子が大層お急ぎに見えましたから、多分その様な事だろうと思った丈です。」
 園「シタが、お前は何故お供をしなかった。」
 馬「ハイ、私が御一緒に参りましょうと申しましたが、旦那様はそれには及ばないと仰りました。」

 益々以って奇怪である。しかしながら馬丁は是だけしか知らないので、園枝は何ともしようが無く、若し男爵の甥永谷礼吉にでも聞いたら、或いは男爵が彼に何事をか言い置いたかも知れないと思い、又も経廻(へめぐ)り廻って、永谷を捜す折りしも、我が後ろの方から、息も世話しく馳せ来る一人があった。誰かと見ると、彼の皮林育堂にして、顔に非常に周章(あわて)た色を浮かべて居るので、園枝は若しやと心配して、早や顔を青くして立ち留まると、皮林は胸を撫で、

 「先刻から、方々に貴女を、お捜しして居ました。」
と云う。口調は確かに、非常の事変を知らせようとする前置きに似ていたので、
 「エ、エ、私を、とは何か又男爵の身の上に。」
 皮林は気の毒そうに、
 「お気の毒ですが、どうも致し方が有りません。お察しの通りです。ハイ、男爵のお身の上です。」
 園「男爵の身の上に何事が起こりました。早く仰って下さいまし、サア、早く。」

 皮「イヤ、夫人、爾(そ)うお驚き成さっては、貴女にお話申して好いか悪いか分りません。」
 園「驚いても心は失いません。何うか早く仰って。」
 皮「貴女は、落ち着いてお聞き取り成さる程の、御気力が有りますか。」
 云う所は益々尋常(ただごと)ではないので、園枝は殆ど身を悶(も)がき、

 「では男爵の身に容易ならない程の事が有ったのですね。何の様な事柄でも、私は落ち着いて聞き取ります。」
 皮「実に夫人、悲しい哉、ご推量の通りです。男爵は向うの山路で、馬の背から投げ落とされ大怪我をして、ヤルボローと云う古塔の中に、投げ込まれて居ると云う事で、古塔の番人から若者を私に知らせて寄越しました。」

 園枝は身も世も無いほど打ち驚き、
 「私を直ぐに、良人の傍まで連れて行って下さいまし。ヤルボロー塔はアノ山に見えて居ます。サア、直ぐに、その様な大怪我ではこう言って居る間も心配です。」
 皮「ハイ、使いの者の言葉に依れば、今から馳せつけて、実に間に合うか合わないかが心配されます。」

 園「誰かお医者は居ないでしょうか。外科医者は、オオ、貴方が丁度外科医者だと仰しゃりましたネ。」
 皮「ハイ、それだから私が直ぐに参ります。使いの者は、更に外に近村を馳せ廻り、医者を探して行くと云って居ました。」

 実に是れは一刻も猶予が出来ない場合、園枝は半ば狂乱の姿で、
 「サア、直ぐに参りましょう。皮林さん、私の下僕を呼び大急ぎで馬車の用意を命じて下さい。」
と云う声さえも咽喉に詰って、殆ど間に合わない想いがするのだろう。


次(四十)へ



a:217 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花