巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune47

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                四十七

 心は千々に紊(みだ)れるけれど、最早や夜の明けるのを待つ外無しと、一旦思いを定めてからは、泣きもせず、恐れもせず、唯だ泰然と凸凹形の銃眼に身を寄せて、東の天を眺めて待つ園枝の姿の、その静かなることは、石にでもなったのではないかと、疑われほどだ。 皮林育堂はこの静かな姿を見て、只管(ひたすら)に感嘆しない訳にはいかなかった。

 彼は唯だ、己れの不義非道な心に比べ、今まで女とは男の弄(もてあそ)び物に作られ、男の心一つで、如何様にも動かされる者とばかり思って居たが、園枝一人は彼が今まで見た幾千幾万の婦人達と同じでは無かった。男子も及ばない、確乎とした気概がある。

 通例の婦人ならば、唯だ恐ろしさと唯だ悲しさとに伏し転(ころげ)廻り、泣き崩れる場合なのに、園枝は殆ど寄り付き難いまでに、高く身を置き、心の苦しみを示さ無いのは、実に是、人間以外に隔絶した女ではないかと、彼は怪しいまでに目を見開き、園枝の顔を熟々(つくづく)と打ち見守って居たが、頓(やが)て敬服に絶えられないかの様に、更にその傍近くに進み、

 「イヤ、夫人、貴女がこの悲しい場合に、溜息一つお洩らし成さらないその勇気に、唯だ感服の外は有りません。貴女の様な顔も心も美しく、この世に二人と無い程の貴夫人を敵にするのは、好い気持ちは致しません。ハイ、慈悲と云う事を感じた事の無い私でも、貴女がその様に静かに悲しみを堪へ忍んで居る様を見ては、何(ど)うか助けて帰して上げ、その上今まで企計(たくらん)だ仕事も残らず廃(や)めて仕舞いたいと、それ程までにも思いますが、唯だ止めるにも止められ無いのは、是が浮世の儘(まま)ならないと云う者です。

 夫人貴女も好く御存知でしょうが、世の中と云うものは、欲と欲との戦場です。正直者と云われる人でも、金の為め、財産の為には随分気に済まない不義理の事を企(たくら)みます。私と永谷とが貴女を相手に闘っているこの勝負も、ご存知の通り、唯だ欲の一方で、欲と欲、そうですね、先ず死に物狂いの欲とでも云うのでしょう。

 結局は貴女の良人常磐男爵が甥の永谷を勘当して、死に物狂いに成らせたのが悪いのです。恨むなら常磐男爵をお恨みなさい。私とて貴女を、この古塔へ誘い込む大胆な仕事をする前、幾度も考へ直しては見ましたが、矢張り永谷同様の死に物狂いで。実は命懸けで始めたのです。命懸けのこの仕事を、今更貴女が可哀相だからと言って、廃(やめ)る訳には行きません。この様な死に物狂いの両人に敵に回られた、常磐男爵の妻に成った貴女の不運と、ハイ、何うか断念(あきらめ)て戴きましょう。決して貴女を憎むのでは無く、唯だ常磐男爵の財産を、横取りする者を憎むだけです。」

と宣告の様に、又言い訳の様に述べ来たって、園枝の一言の返事を待って居たが、園枝はこの様な悪人と口を利くのさえ、汚らわしいと、全く見下げ果てたと見え、こちらにその顔を向けようともせず、依然として静かである。皮林は更に返事を得ようとして、様々に言葉を掛けたが、園枝は身動きさえせず、益々皮林を賤(いや)しむばかりだったので、今は仕方が無く、園枝の傍から離れ、衣嚢(かくし)を探って、葉巻の煙草を取り出し、燐寸(マッチ)を擦って、煙を吹かし始めたけれど、自分がこれ程まで賤(いや)しみ果てられるかと思うと、不愉快で仕方が無かった。

 園枝の方が、若し悲しさに耐えられずに、泣きもし、叫びもしたならば、一点の慈悲心も無い皮林は、之を憐れとも思わないばかりか、却って心地好しとまでに満足もしただろうが、泣かず騒がず、唯だ無言で我を賤しむ様を見ては、アア我が身は天性この女より下賎の地に立ち、終に自らこの女を眼下に見る力が無いのかと、一種の失望と一種の恨みが湧いて来て、我と我が胸を刺し、その身は虫けらと成り果てた心地がして、殆ど居たたまれなくなった。

 そうとは云え、皮林がこの様に自ら苦しむ間にも、園枝は夜の明けるのが遅いのに耐えられなかった。果ては自分の今まで過ごして来た日々まで、今更の様に思い出されたが、窓に凭(もた)れて東天の白むのを待ったのは、今夜が初めてでは無い。かつて古松と云う父の家に在って、悪人と船長と掴(つか)み合う音を聞き、縊(くび)り殺される声をも聞き、岸に生い茂る草木を分け、死骸を水に投げ沈む響きをも聞き、唯だ恐ろしさに夢も結ばず、夜の早く明けて来ることを祈ったのは、今から僅かに三年足らずの昔である。

 それを思い、是を想えば、自分は人殺しの大罪人を父と呼んで居た女である。この頃に至ってこそ、良人(おっと)の愛に湿(うるお)って、栄華の中に身をも置いたが、人殺しの罪に繋(つな)がる者が、如何(どう)して幸福に一世を送る事が出来るだろうか。父に殺された人の恨みは草葉の陰から父を呪い、更にその子にも祟(たた)るに違いない。私は死人の恨みを受け、罪に汚れて浮ぶ事が出来ない天命なのだ。

 何時までこの世に生きて居ても、幸いと云う者が長く我が身に添うべき筈は無いと、空恐ろしいまでに考えさせられるのは、是も悲しさに、その神経が掻き乱れた為の、妄想では無いだろうか。


次(四十八)へ



a:226 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花