巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune53

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 五十三

 「何(ど)の顔下げて帰って来た。其の汚れた身を以って此の家まで汚(けが)す積りか。」
 アア、一語凛然(りんぜん)《寒々として》として秋霜の如し。
 園枝は聞いて、我が身が早や既に全く不義者と見做(みな)されて、男爵の心の中から取り退(の)けられてしまったことを知った。

 昨夜古塔の上で、彼皮林育堂が
 「御身は帰って行って男爵に弁解しても、男爵は既に御身を不義者と思い詰め、何の弁解も聞くことは無いだろう。」
と云ったのは、非常に恐ろしき言葉なので、今も未だ記憶しているが、真逆(まさか)に我が良人(おっと)、我が恩人である男爵が、一言の弁解も聞かずに、我が身を罪する事はないだろうと、今が今まで思って居たが、此の剣幕は実に思っていたより恐ろしく、唯だ弁解を聞かないばかりか、一目我が姿を見た丈で、一言に叱り附けるとは、是を良人(おっと)の妻に対する道と云って良いものだろうか。

 作法を重んじる男爵が、是ほどまでに邪険なのは、尋常事(ただごと)では無いと、園枝は忽(たちま)ち、我が見込みが絶え果ててしまった心地がして、胸に恨みが込み上げて来て、
 「イイエ、私の身は汚れては居りません。貴方、若し貴方、貴方は先(ま)ア、唯だ私が一宵帰らなかった計りに、訳さえ聞かず、その様に仰(おっしゃ)るとは、夫婦と云う愛も情けも、貴方の心には消え尽くして仕舞いましたか。
 ハイ、私の身は汚れていません。貴方と婚礼した時も今も同じ事です。昨夜返る事も出来なかったのは、恐ろしい悪人の深い企計(たくらみ)に罹(かか)ったのです。ハイ、私の名を傷つけ、貴方に愛想を尽きさせて、此の家を奪おうとする、人非人に捕えられ、逃げ帰える道が無かったのです。」

 是れは実に、真実の心から迸(ほとばし)り出る言葉であるが、今が今まで思案に思案を重ね、様々の事情に照らして、園枝を罪深い女と見極めた男爵の耳には入らず、男爵は嘲(あざけ)る様に、非常に冷たい笑いを発し、毒蛇よりもっと忌(い)まわしそうに園枝を見て、

 「オオ、夫(そ)れが其の方の言い訳か、悪人の深い企計(たくらみ)に罹ったと言い張るのか。爾(そう)だろう。多分は大勢の悪人が手取り足取り攫(さら)って行き、今まで荒縄で縛ってあった為、帰り度くても帰られなかったと云うのだらうナ。自分から好み進んで行ったのでは無いなどと、黙れ、黙れ、コレ女、其の方の不義は何から何まで、もう充分の証拠が揃って居る。

 其の方が、遊山場から、恋しい男と抜け出る有様を見た者が有る。其の方は皮林育堂に縋(すが)り附き、自分から進み好んで馬車に乗り、殆ど皮林育堂を迫立(せきた)てる様にして、見廻し見廻しながら立ち去った姿を見られて居る。夫(それ)なのに、今は空々しく帰って来て、悪人の深い企計(たくらみ)に罹ったなどとは、余りに呆れて物が云え無い。嘘にもしろもう少しは旨く話しの辻褄を合わせ相な者だが。自分の身に覚えが有っては嘘も旨くは吐けないと見えるな。」

 誰がどうしてこれ程までの侮辱に耐える事が出来るだろうか。園枝の草よりも青かった顔は、聞くに従って殆ど火よりも赤くなったのを、必死の想いで耐え忍び、更に必死の想いで、其の声まで押し鎮(しず)めながら、
 「私が自分から好んで立ち去ったのなら、何で此の通り帰って来ましょう。」

 男爵は又声を鋭くし、
 「何で帰って来ましょうとな。サア何で帰って来たのか、云って聞かそうか。先ず窓の外を見よ。林も有れば庭も有り、目に余る花園には、霜枯れた此の時節にも花は絶えず、湖水には世界中の珍しい魚を集め、是が常磐家の常磐荘、サア其の常磐荘の庭園で唯だ此の窓から見た丈の所、更に眼の届かない後ろに行けば、田も有れば、鉱山も有り、山も水も英国中の宝を天然に集めて居る。

 是が残らず常磐家の財産だ。此の財産が有ればこそ帰って来たのだ。一時は唯だ痴情(あいじょう)の為めに前後を忘れ、地位も身分も顧みず、情夫と駆け落ちはしたけれど、不義の心が静まって考えて見ると、是ほどの財産を痴情(あいじよう)の為め、ムザムザ捨てるのが惜しくなり、夫(それ)だから厚かましく帰って来た。

 多分は何にも知らない良人(おっと)が其の方を待ち兼ねて居て、両手を開いて迎えると思っただらう。尤(もっとも)もらしい言い訳を拵(こしら)えて、一雫(ひとしずく)か二雫、涙を落とせばお人好しの良人だから、直ぐに心が解けて仕舞うと、この様に思っただろうが、エ、爾(そう)は行かない。

 成ほど、其の方の良人(おっと)は、今まではお人好しだった。何にも知らない馬鹿者であった。宛(まる)でもう愛に酔い、夢の様に浮かされて居たけれども、今は其の夢が覚めたのだよ。目が開いたのだよ。今覚めたのは遅過ぎる。遅過ぎて随分辛い覚め方では有る。けれど夫(それ)でも覚めた甲斐は有る。覚めた丈に此の上欺かれずに済むと云う者。コレ女、気の毒だが、其の方の良人(おっと)は再び夢には酔わないからそう思え。」

 園枝は殆ど叱り矯(たしな)める口調にて、
 「私に何(ど)の様な言い開きが有っても、貴方は夫(それ)をお聞きなさらずーーー。」
 男「オオ、己(おれ)を欺(だま)す為めに、旨く仕組んで来た偽りを、便々と聞いては居られない。サア是で用は無い。行け、情夫の許へ帰って行け。情夫皮林育堂は、人の妻を偸(ぬす)む様な立派な紳士だ。サア早く行け、夫(それ)とも情夫が受け付けないと言う為らば、其の方の故里(ふるさと)は寒い往来の石畳だ。俺が救い上げない前の石畳の上に帰り、再び人の家の軒下や、窓先を宿として、乞食の夢でも見て眠るのが、其の方の身には安楽だろう。」

 出れば出るほど酷くなる邪険な此の言葉は、愛に酔った男爵の心に起こる、一種の反動とも云う可きか。園枝は茲(ここ)に至り、敢えて多言を費やさず、天性の非常に気高い声で、唯一語、
 「貴方」
と叫ぶ其の声は、訴える様に、叱る様に、又是ほどまでに道筋の分らない我が良人(おっと)ではなかったのにと、天に叫んで恨むようにも聞こえ、一語は実に千鈞(せんきん)《非常に重い》の力があった。


次(五十四)へ



a:228 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花